• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月18日「出雲国風土記シンポジウム」を開催しました

 古代出雲の歴史文化について県外の方々にも広く知っていただくため、9月18日、大阪市で出雲国風土記シンポジウム「古代祭祀と出雲世界」を開催しました。

シンポジウムでは、國學院大學神道文化学部教授の笹生(さそう)衛(まもる)さんに「古代神まつりのすがた」と題して基調講演していただき、その後、淑徳大学人文学部教授の森田喜久男(もりたきくお)さん、古代文化センターの松尾充晶(まつおみつあき)専門研究員、テレビでもご活躍中のヴァイオリニスト松尾依里佳(まつおえりか)さんにも加わっていただき、朝日新聞大阪本社編集委員の今井邦彦(いまいくにひこ)さんの進行で「出雲から探る、神まつりと国の成り立ち」と題してパネルディスカッションを行いました。

 定員800名の会場は満席となり、ご来場いただいた皆様に熱心に耳を傾けていただきました。

 

 会場の様子

 〔会場の様子〕

 

 基調講演の様子

 〔基調講演の様子〕

 

 パネルディスカッションパネルディスカッション2

 〔パネルディスカッション〕


お問い合わせ先

島根県教育委員会

このホームページに関するお問い合せは

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
TEL 0852-22-5403
FAX 0852-22-5400
kyousou@pref.shimane.lg.jp