• 背景色 
  • 文字サイズ 

統計調査員をかたった不審な案件について(注意喚起)

 統計調査の統計調査員を名乗って個人情報を聞き出そうとする事案が発生しています。

 

 統計調査課が行っている統計調査は、知事が任命した統計調査員が世帯を訪問し、調査の主旨を説明します。電話でいきなり個人情報をお聞きすることはありません。

 また、統計調査員は、顔写真の入った身分証を携行しておりますので、不審に思われたら必ず確認してください。

 

 不審な電話や訪問がありましたら、県庁統計調査課又は各市町村統計主管課へお問い合わせください。

 

統計調査員とは・・・。
統計調査員の身分

【統計調査員の身分】
統計調査員は、国や県から、統計調査の都度任命される公務員であり、任命期間中は、国・都道府県・市区町村に勤務する職員と同様に公務員の身分を有しています。
統計調査員の仕事

【統計調査員の仕事】
調査対象である事業所などに、調査票を配布するとともに、調査票に正しく記入していただけるよう、統計調査の趣旨や内容などについて説明を行います。加えて、記入された調査票の回収、その点検・整理などの仕事を行っています。
統計調査員の役割

【統計調査員の役割】
統計調査を行う上で、調査対象の方々に、調査の趣旨や内容などについてよく理解していただき、調査票に正しく記入していただくことはとても大切です。このためには、統計調査の第一線で、調査対象の方々と直に応対することで、理解と協力を得ることが重要であり、統計調査員はこの任務を担っています。

【政府の統計調査を装った「かたり調査」にご注意ください】
調査のお願いに伺う統計調査員は、都道府県知事の発行する「調査員証」を携帯しています。不審に思われた場合には、統計調査員に「調査員証の提示」を求めるか、調査票等に書いてある問い合わせ先に問い合わせてください。



 

 

 

 


お問い合わせ先

統計調査課

このホームページに関するお問い合わせは

島根県政策企画局統計調査課
〒690-8501島根県松江市殿町1番地
(事務室はセンチュリービル7Fにあります。) 
TEL:0852-22-5078 FAX:0852-22-6044
e-mail:tokei-chosa@pref.shimane.lg.jp