• 背景色 
  • 文字サイズ 

肝炎等精密検査費用助成事業について

初回精密検査・定期検査の費用助成を行っています。

B型及びC型肝炎ウイルス検査の結果が陽性であった方の、初回精密検査及び定期検査の費用の一部払い戻しを行っています。

指定の医療機関(※1)で精密検査を受診し、県への請求が承認された方に対して、対象となる精密検査に係る自己負担額を償還払い(※2)で助成します。

 

※1「指定の医療機関」とは?

島根県肝炎等精密検査実施医療機関」のことです。

なお、県外の肝疾患専門医療機関を「指定の医療機関」と見なし、県外の肝疾患専門医療機関で精密検査を受診したものも対象となります。

 

※2「償還払い」とは?

医療機関で、いったん検査費用(健康保険の自己負担分)を支払っていただき、そのあと県に助成額を請求し、承認されると助成額が支払われるというしくみです。

 

<事業案内チラシはこちら>
<参考>島根県肝炎等精密検査費用助成事業実施要綱

助成対象となる検査

ア.初回精密検査

肝炎ウイルス検査で陽性と判定された後、初めて受ける精密検査

 

イ.定期検査

肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変及び肝がん患者(治療後の経過観察も含む)が定期的に受ける検査

 

助成の対象者

次の要件をすべて満たす島根県内在住の方です。

 

ア.初回精密検査

  1. 医療保険各法(後期高齢者含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  2. 1年以内(注)に島根県又は市町村健康増進事業の肝炎ウイルス検査(検診)で陽性と判定された方
  3. 県又は市町村が実施するフォローアップに同意された方

※(注)助成金の申請日が基準となります。

 

イ.定期検査

  1. 医療保険各法(後期高齢者含む)の規定による被保険者又は被扶養者
  2. 肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変及び肝がん患者(治療後の経過観察者を含む)
  3. 住民税非課税世帯に属する方又は市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する者
  4. 県又は市町村が実施するフォローアップに同意された方
  5. 肝炎治療特別促進事業の受給者証(肝炎治療受給者証)の交付を受けていない方

 

助成の対象費用

初診料(再診料)ウイルス疾患指導料及び下記の検査に関連する費用として県が認めた費用。ただし、医師が真に必要と判断したものに限ります。

また、保険適用外の検査は助成の対象とはなりません。

 

  • 血液検査

血液形態・機能検査、出血・凝固検査、血液化学検査、腫瘍マーカー、

肝炎ウイルス関連検査、微生物核酸同定・定量検査

  • 超音波検査(断層撮影法(胸腹部))

なお、定期検査において、肝硬変・肝がん(治療後の経過観察を含む)の場合は、超音波検査に代えてCT撮影又はMRI撮影を対象とすることができます。(造影剤を使用した場合の加算等も対象となります。)

 

※定期検査の場合、1回につき、次の表の自己負担額を除いた額となります。

自己負担限度額(1回につき)
  階層区分 慢性肝炎 肝硬変・肝がん
市町村民税(所得割)課税年額が235,000円未満の世帯に属する者 2,000円 3,000円
住民税非課税世帯に属する者 0円 0円

※甲又は乙に該当するかどうかについては、提出された課税証明書等により確認を行います。

 なお、どちらにも該当しない場合は、助成対象とはなりません。

 

助成回数及び対象期間

※検査は、全ての検査を同じ日に受けることを原則としますが、やむを得ない理由があれば、検査が複数日にまたがっても、助成対象となります。

ア.初回精密検査

1回

※肝炎ウイルス検査で陽性と判定された日から1年以内のものに限る。

 

イ.定期検査

年度内2回まで

※定期検査を受けてから1年以内に申請されたものに限る。


なお、「初回精密検査」の助成を受けられた方は、その年度内は1回だけ「定期検査」の助成を受けることができます。

 

助成までの流れ

(1)精密検査を受診

  • 事前に県が指定の医療機関を予約し、受診の際に肝炎等精密検査申込書(様式1)を提出してください。(当日の記載でも構いません。)
  • 初回精密検査の場合は、県又は市町村健康増進事業において実施の肝炎ウイルス検査(検診)において陽性と判定された時の結果通知書や検査結果を持参して受診してください。

(2)医療機関での支払

  • 医療機関では請求された額をいったん支払い、医療機関の領収書(レシートは不可)と診療明細書(検査項目、その点数がわかるもの)を必ず発行してもらってください。
  • 定期検査費用を初めて申請される場合は、医師の診断書(県指定の様式)を必ず発行してもらってください。

※診療明細書や診断書の発行に費用がかかる場合がありますが、その費用は自己負担となります。

(3)最寄りの保健所に相談

”肝炎等精密検査費用助成”の申請を希望することを最寄りの保健所にご相談ください。

保健所職員が申請方法などについてご説明します。

<提出先・お問合せ先>お住まいの住所地を管轄する保健所

提出先・お問合わせ先

お住まいの地域

管轄の保健所

住所

電話番号

松江市、安来市

松江保健所

医事・難病支援課

〒690-0011

松江市東津田町1741ー3

(いきいきプラザ島根3階)

0852ー

23ー1315

雲南市、奥出雲町、飯南町

雲南保健所

医事・難病支援課

〒699-1396

雲南市木次町里方531ー1

0854ー

42ー9638

出雲市

出雲保健所

医事・難病支援課

〒693-0021

出雲市塩冶町223ー1

0853ー

21ー1191

大田市、川本町、

美郷町、邑南町

県央保健所

医事・難病支援課

〒694-0041

大田市長久町長久ハ7ー1

0854ー

84ー9826

浜田市、江津市

浜田保健所

医事・難病支援課

〒697-0041

浜田市片庭町254

0855ー

29ー5554

益田市、津和野町、吉賀町

益田保健所

医事・難病支援課

〒698-0007

益田市昭和町13ー1

0856ー

31ー9548

隠岐の島町

隠岐保健所

総務医事課

〒685-8601

隠岐の島町港町塩口24

08512ー

2ー9712

海士町、西ノ島町、知夫村

隠岐保健所

島前保健環境課

〒684-0302

西ノ島町大字別府字飯田56-17

08514ー

7ー8121

 

(4)申請書類を揃えて、最寄りの保健所に申請

以下の申請書類を揃えて、最寄りの保健所に提出してください。


※提出書類「イの3及び4」以外は写しでも可。

※申請者と助成金振込先の口座名義人が異なる場合は、委任状を添付してください。

※書類に不備がある場合は、助成金の支給ができない場合があります。郵送の場合は、連絡先の記載漏れがないように、特にご注意ください。

 

ア.初回精密検査

  1. 肝炎等精密検査費用助成金申請書(様式2)(PDF:111KB)(必要事項を記入してください)
  2. 医療機関発行の領収書(レシート不可)及び診療明細書(検査項目、その点数のわかるもの)
  3. 県又は市町村健康増進事業において実施の肝炎ウイルス検査(検診)で陽性と判定された結果通知書又は検査結果
  4. 肝炎ウイルス陽性者フォローアップ同意書(フォローアップ-様式1)(PDF:104KB)
  5. 助成金振込先金融機関の口座がわかる書類(預金通帳の写し等)

 

イ.定期検査

  1. 申請書(様式2)(PDF:110KB)(必要事項を記入してください。)
  2. 申請する精密検査に係る医療機関発行の領収書(レシート不可)及び診療明細書(検査項目、その点数のわかるもの)
  3. 本人及び本人と同一世帯に属する全員の記載のある住民票(原本)
  4. 世帯全員の住民税非課税証明書又は世帯全員の市町村民税の課税年額を証する書類(直近のもの)(原本)
  5. 精密検査実施医療機関の医師が記載した診断書(様式3)(PDF:34KB)
  6. 肝炎ウイルス陽性者フォローアップ同意書(フォローアップ-様式1)(PDF:104KB)※過去に提出したことがある方は省略可。
  7. 助成金振込先金融機関の口座がわかる書類(預金通帳の写し等)

※上記4.については、以下に該当する方は、市町村民税合算対象除外希望申請書(様式4)(PDF:44KB)の提出により、課税証明書等の書類の提出を省略することができます。

  • 申請者とその配偶者と相互に地方税法(昭和25年法律第226号)上及び医療保険上の扶養関係にない者(配偶者以外に限る)

 

(5)県による審査・申請者への支払

申請内容を審査し、承認された場合は受理日の翌々月をめどにご指定の口座に助成金を支給します。

不承認の場合は、その旨を理由を付して通知します。

 

助成のフロー

肝炎精密検査助成フロー図


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp