• 背景色 
  • 文字サイズ 

デング熱について

 

渡航時はデング熱に注意

 デング熱は、日本国内で持続した流行はありませんが、2014年夏期に東京都内の公園を中心として、渡航者のデング熱患者から始まった発生が見られました。2016年も全国では渡航者のデング熱患者が昨年を上回って報告されています(島根県感染症情報センター:外部サイト)

 海外渡航の予定のある方は、蚊に刺されないように注意し、デング熱の感染を予防してください。

 また、身の回りの蚊の発生に注意し、国内に持ち込まれたデング熱ウイルスの拡散を防止しましょう。

 

症状

 蚊に刺されてから2~15日(多くは3~7日)の潜伏期間の後、発熱(38℃以上)、頭痛、筋肉痛、皮膚の発疹などを呈します。
予後は比較的良好ですが、ごくまれに重症化することがあります。感染しても発症しないこともみられます。

 デング熱に対する特有の薬はなく、対症療法で治療します。

 

感染経路

 蚊を媒介して感染する疾患です。

 蚊がウイルスに感染した患者を吸血すると、蚊の体内で一定期間内にウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します。

 

世界の流行地

 デング熱は世界の熱帯、亜熱帯の全地域で流行しており、東南アジア、南アジア、中南米で患者の発生が多く、その他アフリカ、オーストラリア、南太平洋の島でも発生しています。

 日本においては、近年、海外の流行地で感染して発症する事例が年間200例程度報告されています。

 島根県においても2016年に海外渡航歴のある患者が1例報告されています。

 

感染を媒介する蚊

 主たる媒介蚊はネッタイシマカですが、日本には常在していません。

 日本国内では、ほとんどの地域(青森県以南)でみられるヒトスジシマカ(いわゆるヤブ蚊)が媒介します。

 全ての蚊がデングウイルスを保有している訳ではありませんので、蚊にさされたことだけで過分に心配する必要はありません。

 

予防方法

 流行地にでかける際は、蚊に刺されないように注意しましょう。

 ・長袖、長ズボンを着用し、肌を露出しない

 ・虫除け剤を使用する

 

関連リンク


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、第2分庁舎 別館3階にあります)
TEL:0852-22-5260
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp