• 背景色 
  • 文字サイズ 

障害者週間における県立施設等の無料開放・入場料減免と関連事業

県立施設等の無料開放(減免)等の実施

島根県では、12月3日〜9日までの障害者週間に、障がいのある方の社会参加を促進するため、県立施設の無料開放を行っています。

また、県内の市町村の施設(一部民間施設を含む)においても、当該期間中に施設の無料開放(減免)等を行っているところがあります。

 

  • 県立施設一覧(H28)

 【PDF形式】

 【Excel形式】

  • 市町村立施設等一覧(H28)

 【PDF形式】

 【Excel形式】

 

※通年で無料開放や減免を行っている施設もあります。なお、ご利用に際しての詳細は各施設に直接確認をお願いします。

 

「障害者週間」における関連事業

 平成28年の障害者週間における関連事業として、以下の行事が開催されます。

 

<県主催事業>

 ○島根県障がい者アート作品展【県立美術館ギャラリーにて】

 12月2日(金)~4日(日)

 県内の障がいのある方から応募のあった絵画や陶芸などの作品439点を展示します。11月30日に美術の専門家たちによる公開審査を行い、優秀な作品は12月2日のオープニングセレモニーで表彰します。

 

 ○あいサポート運動街頭啓発活動【イオン松江店にて】

 12月3日(土)13:00~

 障がいのある方々への理解を深め、配慮や手助けを行う「あいサポート運動」への参加と、障がいを理由とする差別の解消を呼びかける街頭キャンペーンを実施します。

 

<県後援事業>

 ○障がい児(者)施設入所者招待事業【(株)島根ワイナリー主催、島根ワイナリーにて】

 12月6日(火)11:30~

 障がい児(者)の社会参加促進と社会福祉増進への寄与を目的として、障がい児(者)施設入所者の島根ワイナリーへのバーベキュー食事招待が行われます。

 

 

 

「障害者週間」について

  • 国民の間に広く障がい者の福祉についての関心と理解を深めるとともに、障がい者が社会、経済、文化その他あらゆる分野の活動に積極的に参加する意欲を高めることを目的として、障害者基本法により定められています。
    期間は、毎年12月3日から12月9日までの1週間です。この期間を中心に、国、地方公共団体、関係団体等において、様々な意識啓発に係る取組が展開されます。

    12月9日は、昭和50年(1975年)に「障害者の権利宣言」が国連総会で採択された日であり、一方、12月3日は、昭和57年(1982年)に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択された日です。

 


お問い合わせ先

障がい福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町2番地(第二分庁舎1階)
Tel:0852-22-6526,Fax:0852-22-6687
E-mail syougai@pref.shimane.lg.jp