• 背景色 
  • 文字サイズ 

あいサポート運動(障がい者サポーター)

あいサポートバッジ

障がいを知り、共に生きる

−まず、知ることからはじめましょう−

 

私たちは、街中で赤ちゃんが泣いていても何の疑問も感じません。

泣くことは赤ちゃんの自然な姿であり、それが普通のことだからです。
障がいのない方が不思議に思えることも、

障がいのある方にとってはごく普通のことであり、特別なことではありません。

普段、私たちが眼鏡をかけたり、

お年寄りに少し大きな声でゆっくり話しかけたりするように

不自由さを補う道具や援助があれば、

障がいのある方にもできることはたくさんあります。

様々な障がいの特性や、障がいのある方への配慮を正しく理解することが、

あたたかい地域社会を築き、

「一緒にくらす」ことへの第一歩となるのです。

 

「あいサポート運動」「あいサポーター」について

〜まず、知ることからはじめましょう〜

 様々な障がいの特性や障がいのある方が困っていること、そしてそれぞれに必要な配慮を理解し、日常生活でちょっとした配慮を実践していく『あいサポーター』の活動を通じて、誰もが暮らしやすい地域社会(共生社会)をみなさんと一緒につくっていく運動です。

 意欲のある方は、誰でもあいサポーターになることができます。次のいずれかの方法で、「あいサポートバッジ」「障がいの特性や必要な配慮等をまとめたパンフレット」を受け取ります。

1.研修会、講演会、イベント等であいサポート運動の説明を受ける。

2.「あいサポートバッジ等交付申込書」を提出する。

 

あいサポーターは、「サポーター宣言」にのっとり、活動していただきます。

 あいサポート運動は、平成21年11月鳥取県で創設され、平成23年4月からは島根県も連携して取り組んでいます。多くのみなさんの賛同を得て、あいサポーターの輪が広がっています。

 

注)ここに書いてあることをすべて完璧にする必要はありません。一人ひとりが、自分でできると思うことから少しずつ始めていただくことが大切です。

 

 

 


お問い合わせ先

障がい福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地(東庁舎1階)
Tel:0852-22-6526,Fax:0852-22-6687
E-mail syougai@pref.shimane.lg.jp