• 背景色 
  • 文字サイズ 

講演会等の事業案内

療養病床の転換にかかる講演会

 11月19日(日)、松江市の県医師会館にて、厚生労働省老健局老人保健課の鈴木健彦課長、日本慢性期医療協会の武久洋三会長の両氏を講師に迎え、「療養病床の転換にかかる講演会」を開催しました。当日は、主会場であった県医師会館をはじめ、県内6カ所の中継会場でも多くの関係者の皆様にご来場いただき、ありがとうございました。

 講師お二方のご了解のもと、講演資料等を以下に掲載しますので、今後のご参考としてください。

 

講演会概要(事前報道提供資料)

当日の次第

講演資料1「平成37年を見据えた医療と介護の連携体制の構築」

 厚生労働省老健局老人保健課長

 鈴木健彦氏

講演資料2「診療報酬・介護報酬同時改定に向けた療養病床のこれから」

 日本慢性期医療協会会長

 武久洋三氏

 

※終了後、県医師会館に「マフラー(黒)」の忘れ物がありました(正面向かって左側のブロックの中央寄り、前から3列目あたり)。

 お心当たりのある方は県高齢者福祉課(0852-22-5798)までご連絡願います。

 

市町村等介護保険担当課長会議について(H29.7.10)

中高生夏休み介護の職場(仕事)体験事業

 県内の中高生が夏休み中に、介護の職場の雰囲気や仕事の様子を見学したり、高齢者との触れ合いを通して、高齢者に対する思いやりの心を育て、高齢者や介護の仕事を身近に感じられるよう、介護職場(仕事)の体験事業を行う事業です。

 →中高生夏休み介護の職場(仕事)体験事業

 

認知症に関する講演会

認知症に関する講演会等については、認知症に関するページで公開しています。

認知症

 

 

『介護の未来を大発見!2017』

介護の未来を大発見2017

 介護の魅力発信イベント『介護の未来を大発見!2017』を島根県と島根県福祉・介護人材確保対策ネットワーク会議、県内介護福祉士養成校との共催で、松江市、出雲市、益田市で開催します。

 詳しくはこちらをご覧ください。


お問い合わせ先

高齢者福祉課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5204
FAX:0852-22-5238
kourei@pref.shimane.lg.jp