• 背景色 
  • 文字サイズ 
前月2017年3月次月
2627281234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930311

ページ一覧

いにしえ倶楽部連続講座を開催しました

3月4日に今年度3回目となるいにしえ倶楽部連続講座を開催しました。

今回は「旧石器人、しまねを目指す」とのタイトルで、伊藤企画員がしまねの旧石器人の暮らしぶりやダイナミックな往来の様子についてお話しました。

参加者の皆さん(約100名)一人一人に一点ずつ本物の旧石器をお渡しして、旧石器の観察ポイントをご説明しました。

出土した旧石器の展示解説の際には、次々との質問が寄せられるなど、しまねの旧石器時代への興味・関心が大いに高まりました。

 

講義中の様子

100名の参加者に熱心にお聞きいただきました

展示解説の様子

展示解説でも興味津々のご様子でした


2017年3月7日

平ノ前遺跡出土の金銅製空玉(こんどうせいうつろだま)、只今展示中!!

県内2例目の発見となった平ノ前(ひらのまえ)遺跡(大田市)の金銅製歩揺(ほよう)付空玉を古代出雲歴史博物館(出雲市)で3月10日(金)まで展示しています(2月21日(火)は休館日)。

この機会にぜひご覧ください。

※常設展観覧料もしくは年間パスポートが必要です。

展示状況

画像:展示状況

空玉近影

画像:金銅製歩揺付空玉

 


2017年2月15日

平ノ前遺跡(大田市)から金銅製空玉が出土しました!

当センターが発掘調査を行った平ノ前遺跡(大田市)から、歩揺付金銅製空玉(ほようつきこんどうせいうつろだま)が出土し、この度報道発表を行いました。

 

詳細についてはこちらの報道発表資料のリンク(外部サイト)をご覧ください。

島根県内からの歩揺付金銅製空玉の出土は2例目となります。

明日2月11日から出雲市大社町の古代出雲歴史博物館で速報展示を行います。ぜひお出かけのうえご覧ください。

うつろ玉上化rあ

空玉画像(上から)

うつろ玉横から

空玉画像(横から)


2017年2月10日

いにしえ倶楽部連続講座を開催しました

1月14日にいにしえ倶楽部連続講座「四隅突出型墳丘墓から方墳へ-卑弥呼の外交と出雲-」を開催しました。

荒天の中でしたが約100名の皆さんにご参加をいただきました。

講座では当センターの松山智弘氏に、弥生時代後期から古墳時代前期にかけての首長墓の変遷と、

魏志倭人伝の登場人物と出雲とのかかわりなどについてお話いただきました。

参加者から講義内容についてたくさんの質問をいただき、

四隅突出墳丘墓や卑弥呼の時代への関心の高さがうかがわれました。

 

講義の様子

画像:講演の様子

受講者の皆さん

画像:受講者の皆さん


2017年1月16日

久村鉱山跡選鉱所地区の現地説明会を開催しました

12月17日に出雲市多伎町の久村鉱山跡選鉱所地区の現地説明会を開催しました。

久村鉱山は戦時中の鉄鋼需要をまかなうために開発された砂鉄鉱山です。

今回の調査では、砂鉄の固まり「固結砂鉄」から粉状の精鋼を生産するための生産施設(貯水槽、変電施設、選鉱場跡)などが見つかりました。

参加者の皆さまは担当者の説明に耳を傾けながら現地の様子を見学されていました。

 

当日配布資料→こちらをクリック

 

現説の様子1

変電施設跡

貯水漕

貯水槽


2016年12月22日



お問い合わせ先

埋蔵文化財調査センター

〒690-0131 島根県松江市打出町33番地
【電話】0852-36-8608
【FAX】0852-36-8025
【Eメール】maibun@pref.shimane.lg.jp