• 背景色 
  • 文字サイズ 

山陰史跡ガイドブックとは

 島根県教育委員会では、平成16年度より、山陰全域の史跡整備のネットワーク化を図るために、鳥取県及び山陰両県の市町村と連携して「史跡整備ネットワーク会議」を開催しております。この会議では、両県の史跡を広域的に活用する事業として、山陰の史跡をテーマごとに分けたガイドブックを刊行しております

(※刊行したガイドブックは、島根県教育委員会、各市町村教育委員会、県内の博物館・資料館、各島根県事務所、観光案内所に配布し、ご希望の方に無料配布しています。

ガイドブックの画像

 

第5巻は在庫切れのため、当方での配布は終了させていただきます。

 

【お問い合わせ先】島根県教育庁文化財課〒690-8502島根県松江市殿町1番地電話0852(22)5879

 ※郵送をご希望の場合は、封書にて下記送料分の切手を同封の上お申し込みください。

 部数に限りがあるため、在庫状況をお問い合わせの上でお申し込みください。

 お送り先の住所、お名前、電話番号、『ガイドブック第●巻●冊希望』とご記入ください。

 〔送料〕1冊180円/2冊215円/3~5冊300円/6冊以上は電話にてご相談ください。

 

第1巻山陰の城館跡〜攻防の跡を訪ねて〜

 山陰には1,562もの城があります。そのほとんどは戦国時代以前の山城です。ここでは戦乱の中で造られた山城を中心に、山陰の城の歴史を解説しています。(9.41MB)

第2巻山陰の古墳〜古代ロマン探訪〜

 山陰には消滅したものや未確認のものを含めると18,700基を超えると推定されます。ここでは史跡指定された古墳や、特徴的な古墳を紹介しています。(107.72MB)

第3巻山陰の弥生時代〜山陰弥生回廊を歩く〜

 島根県内では、消滅したものを含めて約1,000箇所の弥生時代の遺跡が確認されています。ここでは山陰を代表する弥生時代の遺跡を紹介しています。(19.14MB)

第4巻山陰の古代遺跡〜律令国家と風土記の時代〜

 飛鳥時代から奈良時代にかけて、我が国は「律令」を根幹とした国家を形成しました。また大陸から伝わった仏教も全国に広まりました。本書ではこの時代を代表する山陰の遺跡を紹介します。(28MB)平成27年3月改訂版を刊行しました(『山陰の古代遺跡改訂版』)

第5巻山陰の近世・近代遺跡〜地方の文化と、近代化への軌跡〜

 山陰各藩の特色ある政治や文化、産業を反映した近世の遺跡や、西洋の文化、技術を取り入れながら近代化を目指した明治時代以降の遺跡を紹介しています。(19.40MB)


お問い合わせ先

文化財課

〒690-8502 島根県松江市殿町1番地(県庁分庁舎)
島根県教育庁文化財課
TEL 0852-22-5880 FAX 0852-22-5794 
E-mail:bunkazai@pref.shimane.lg.jp