• 背景色 
  • 文字サイズ 

平成25年度地価調査について

地価の動向

全国的には、昭和60年代に発生した「バブル景気」によりに地価が高騰、その後のバブル崩壊以降、住宅地・商業地とも平均地価は下落、平成18年から20年にかけて上昇し、平成20年秋のリーマンショック以降、平均価格は再度下がり続けていました。

国土交通省のとりまとめによると、平成24年7月以降の1年間の地価は、全国平均では依然として下落しているものの、下落率は縮小し、三大都市圏では、住宅地はほぼ横ばいとなり、商業地は上昇に転換してきました。

島根県の場合は、「バブル景気」の影響をあまり受けなかったこともあり、微増傾向で安定的に推移していましたが、不況の影響等により、商業地は平成11年度から、住宅地は平成15年度から下落を続けています。

 ●地価の推移グラフ(PDF:84.7KB)

その他の土地の評価について


お問い合わせ先

用地対策課

住所 〒690-8501
   島根県松江市殿町8番地1(県庁南庁舎4階)
電話 0852-22-6287(公共用地グループ)
   0852-22-5896(土地審査・計画グループ)
   0852-22-6142、6288(収用・国土調査スタッフ)
FAX 0852-22-5690
E-mail yochi@pref.shimane.lg.jp