• 背景色 
  • 文字サイズ 

三瓶ダム

地域を洪水から守り用水を確保します

ダムの目的

1.洪水調節および、三瓶川沿岸地域の水害の防止

大雨が降ったときに、ダムに流水を貯めて調節し下流で水があふれないようにします

2.安定した流水による、快適な河川環境の創造

三瓶川の水の量が減ったときに、ダムから放流して川の持つ本来のはたらきを保ちます

3.安定した水道用水の確保

水道用の源水を大田市へ供給します

ダムの概要

三瓶山に発し、北西に流下しながら大田市街地を貫流する三瓶川は、古くから度々氾濫を繰り返し、流域の人々に不安と多大な被害を与えてきました。
このため、三瓶ダムは洪水調節、河川環境の保全、水道用水の供給という目的をもったダムとして計画され、平成8年4月に運用を開始しました。

ダム 貯水池
ダムと貯水池の概要
位置 左岸 大田市三瓶町野城 集水面積 25.5km2
右岸 湛水面積 0.46km2
型式 重力式コンクリートダム 設計洪水位 EL142.80m
堤高 54.50m サーチャージ水位(注1) EL140.50m
堤頂長 140.00m 常時満水位 EL127.00m
堤頂幅 5.00m 最低水位 EL116.00m
堤体積 110,300m3 総貯水容量 7,120,000m3
天端標高 EL144.50m 有効貯水容量(注2) 6,400,000m3
越流部標高 EL140.50m 洪水調節容量(注3) 4,670,000m3
設計洪水量 700m3/S 洪水の正常な機能の維持 850,000m3
計画高水流量 380m3/S 水道用水 880,000m3
計画放流量 60m3/S最大80m3/S 堆砂容量 720,000m3

(注1)サーチャージ水位洪水時にダムによって一時的に貯留することができる流水の最高水位

(注2)有効貯水容量総貯水容量−堆砂容量

(注3)洪水調節容量洪水調節のための容量

三瓶ダム越流部標準断面図

標準断面図

三瓶ダムの状況

三瓶ダムの写真
全景写真 噴水(水質保全設備)
三瓶ダムの全景

噴水(水質保全設備)

ポンプにより水深10mの水を吸い上げ加圧し、

直上で30mの高さで50mの範囲で噴水します。

この作業により、水質を悪くするプランクトンの

活動を抑え、増やさないようにします。

 三瓶ダムでは、三瓶ダム管理についてお知らせする三瓶ダムだよりを平成18年2月より発刊しています。

 三瓶ダムだよりは、PDFファイルでご覧になれますので、下の画像をクリックしてください。

 

 ※PDFファイルを読むには、AcrobatReaderが必要です。

 AcrobatReaderはAdobe社のホームページより無料でダウンロードできます。

三瓶ダムのライトアップ

ライトアップ時の写真
噴水ライトアップ 堤体ライトアップ
●噴水ライトアップ ●堤体ライトアップ

【期間】


現在、ライトアップは行っていません。

また、11月26日から3月25日の期間は、噴水を停止します。

【時間】

現在、ライトアップは行っていません。

三瓶ダムの見学

 三瓶ダムの役割について理解を深めてもらうため、事前に申込みしていただければ見学会を開催します。
見学会1 見学会2
見学会の様子

三瓶ダムの主な施設と利用方法

 

施設と利用方法
テニスコート 申込先:農産物直売センター
TEL:0854−86−0727
利用時間の規定なし
オートキャンプ場 申込先:農産物直売センター
TEL:0854−86−0727
公園やピクニック場 自由
農産物直売センター 営業日:火・木・土・日曜
営業時間:9:00〜17:00
TEL:0854−86−0727

 


お問い合わせ先

県央県土整備事務所

島根県県央県土整備事務所
〒696-8510  島根県邑智郡川本町大字川本265-3
TEL 0855-72-9603 FAX 0855-72-9644
E-Mail keno-kendo@pref.shimane.lg.jp

島根県県央県土整備事務所 大田事業所
〒694-0064 島根県大田市大田町大田イ1-3
TEL 0854-84-9725 FAX 0854-84-9755
E-Mail oda-kendo@pref.shimane.lg.jp