• 背景色 
  • 文字サイズ 


波積ダム建設事業

 

進捗状況

 昭和43年度予備調査に着手

 昭和48年度実施計画調査に着手

 平成6年度建設事業に着手

 平成16年2月損失補償基準締結

 平成16年度用地買収及び付け替え道路工事等に着手

 平成17年6月家屋移転団地完成(平成18年家屋移転完了)

 平成22年~平成25年度ダム検証実施

 平成29年度付け替え道路、残土処理場の整備を実施中

 
 *ダム事業の流れ
 フロー

事業の目的

1.江津市東部の都治川沿川地域の洪水による被害を軽減します。昭和47年災害の被害写真

 都治川沿川地域は、古くからたびたび洪水被害を受けており、中でも昭和46年6月30日〜7月1日の豪雨による記録的な洪水では、都治川の各所で護岸の崩壊や橋梁が流出し、家屋の全半壊19戸、浸水102戸、農地の浸水等、その被害は甚大なものでした。
都治川では、この洪水を契機として昭和46年から災害復旧助成事業を行うなど、河川改修等により治水安全度の向上を図ってきましたが、その後も昭和47年7月(クリックで被害写真を表示)、昭和58年7月、昭和63年7月に洪水被害に見まわれ、近年も平成16年8月、平成18年7月に被害を受けるなど、抜本的な治水対策が必要となっています。

 都治川の治水対策は、沿川が広域にわたって耕地として利用されており、川幅を広げる再改修は非常に困難であることから、ダム建設が最も適切です。

 ダムを造ることによって昭和47災害と同じ規模の降雨が発生した場合、ダム地点で約90m3/sの洪水調節を行います(計画流量分配図より)。この洪水調節を行うことによって、都治橋の基準点で2.3mの水位低減効果があります(水位低減効果の断面図より)。

 

2.渇水時でも農業用水や川の環境を守るための水量を確保します。

 都治川は沿川耕地の水源として広く利用されてますが、昭和60年夏期をはじめ、しばしば水不足に見舞われています。

 しかし、このような渇水時でも、ダムに貯めた水を下流に補給することで、農業用水や川の環境を守るための水量を確保することができます。

 

 

波積ダム建設事業の諸元


河川名:一級河川江の川水系都治川
位置:島根県江津市波積町
ダム形式:重力式コンクリートダム
ダム高:48.2m
堤頂長:126.0m
堤体積:66,000m3
総貯水容量:3,720,000m3
湛水面積:0.24km2

 

 ※データは計画値

 

イメージ図(図・写真をクリックで拡大表示)

完成イメージ図貯水池容量配分図

 

 

工事進捗状況

計画図面図をクリックで拡大表示

施工状況写真(クリックで施工箇所の写真を表示)

 

本体設計業務委託実施状況(平成30年2月現在)

・本体実施設計(配置設計)及び水理模型実験…完了済み

・ダム管理設備概略設計及び警報区間検討…実施中

・施工設備設計・L2照査…実施中

・本体実施設計(施設設計)業務委託…実施中

流域一覧図

計画概要図図をクリックで拡大表示

 アクセスカウンタアクセスカウンタ


お問い合わせ先

浜田河川総合開発事務所

〒697-0041 島根県浜田市片庭町254番地
TEL0855-29-5760/FAX0855-29-5772
e-mail hamadakasen@pref.shimane.lg.jp