• 背景色 
  • 文字サイズ 

大山隠岐国立公園満喫プロジェクト

 

 平成28年7月に大山隠岐国立公園が国立公園満喫プロジェクトのモデル公園に選定されました。

 

 

国立公園満喫プロジェクトとは

 平成28(2016)年3月、政府は「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定し、訪日外国人旅行者数を平成32(2020)年までに4,000万人とすることを新たな目標として掲げ、その目標達成のための施策のひとつに国立公園を位置づけました。

 これを受けて、環境省では、「国立公園満喫プロジェクト」として全国33カ所(平成28年度時点)の国立公園から8か所を選定し、各地域において「ステップアッププログラム2020」を策定して、多くの訪日外国人旅行者に訪れてもらうための取組みを、計画的、集中的に実施することとしました。
 
リンク 環境省ホームページ
  「国立公園満喫プロジェクト」http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/(外部サイト)
 

大山隠岐国立公園ステップアッププログラム2020の策定

 国立公園満喫プロジェクトにおける取組みを実施するため、大山隠岐国立公園では、国、島根県、鳥取県、岡山県、地元自治体、関係団体などでつくる地域協議会を組織し、プロジェクトの事業計画「大山隠岐国立公園ステップアッププログラム2020」を策定しました。

 このプログラムに基づき、平成28年度から平成32年度にかけて、多様な関係主体が連携し、一体となって具体的な取組みを進めていくこととしています。
 
リンク 環境省ホームページ
  「国立公園満喫プロジェクトステップアッププログラム2020の策定について」
  http://www.env.go.jp/press/103550.html(外部サイト)
  「大山隠岐国立公園ステップアッププログラム2020」
  http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/pdf/daisen.pdf(外部サイト)

 

大山隠岐国立公園の取組方針

 大山隠岐国立公園は、大山蒜山三徳山、隠岐、島根半島東部、島根半島西部及び三瓶山の地域から構成され、日本を代表する火山景観から、その裾野に広がる高原、日本海の波風によって形成された多彩な海岸景観、出雲大社や大山寺等の文化的景観まで、変化に富んだ景観を有しています。

 そして、これらの多様な景観やそれらを構成する自然資源から大地の成り立ちを知ることができるのが、この国立公園の最大の特徴です。

 さらに、日本最古の歴史書である「古事記」の舞台となった出雲地域や、古来「大いなる神の在ます山」として信仰を集めてきた大山が存在し、出雲大社や美保神社、日御碕神社、大神山神社など歴史的な建造物が多数残っています。また、古くから伝えられる神事や伝説が現代まで数多く残されており、人と自然の営みの歴史を垣間見ることができます。

 大山隠岐国立公園の各地域には、山・島・海と多様な自然環境を有しており、登山、自然探勝、社寺参詣、キャンプ、スキー、海岸景観の観賞、海水浴、シーカヤック、エコツアーなど、四季を通じて多彩な利用が行われている魅力的な地域です。

 これらの特徴を踏まえ、コンセプトを以下のとおり設定し、2020年を目標に、地域の特色を最大限に活かして訪日外国人利用者の増加に取組みます。

 

<コンセプト>

 日本の成り立ちが刻まれ、神話・信仰が息づく山・島・海
  〜山から海まで多彩な自然の恵みを楽しむ〜

 

重点取組地域(ビューポイント)

 県内には隠岐地域、島根半島東部地域、島根半島西部地域、三瓶山地域の4つの国立公園地域があります。

 大山隠岐国立公園満喫プロジェクトでは、それぞれの地域ごとに重点取組地域(ビューポイント)を選定し、集中的、率先的に取組みを実施します。

 島根県内の国立公園の各地域と重点取組地域(ビューポイント)は次のとおりです。

 

【各地域と重点取組地域(ビューポイント)】
  重点取組地域(ビューポイント)

隠岐地域

浄土ケ浦、国賀海岸、赤壁、明屋海岸
島根半島東部地域 五本松公園、地蔵崎園地、桂島海岸、加賀の潜戸・多古鼻
島根半島西部地域 大社・日御碕・鷺浦
三瓶山地域 三瓶山

 

 

島根県内の地域での取組み

 県内国立公園の各地域では、地域が一体となって、周辺地域や他地域とも連携して取組みを進めます。

<隠岐地域>

 隠岐ユネスコ世界ジオパークの「大地の成り立ち」、「独自の生態系」、「人の営み」の3つの特色を活かし、隠岐ユネスコ世界ジオパークと連携して、体験プログラムの充実や受入環境の整備等を行い、外国人来訪者等利用者の増加と長期滞在に取組みます。

<島根半島東部地域、島根半島西部地域>

 ラムサール条約登録湿地(宍道湖・中海)の優れた自然景観、神話、歴史遺産、ユネスコ無形文化遺産(佐陀神能)や、各地に残る風習・祭り、「日が沈む聖地出雲」として日本遺産に認定された夕日スポットなどを活かし、「国引きジオパーク構想」の取組みとも連携して、体験プログラムの開発や受入環境の整備等を行い、外国人来訪者等利用者の増加と長期滞在に取組みます。

<三瓶山地域>

 三瓶山地域では、「やさしさ、包容力あふれる神話の山」として、外国人をはじめ、家族連れや子供から女性、高齢者など、幅広い観光客層をやさしく受け入れて、保養などのリフレッシュ、自然や歴史・神話などの学習、様々なアクティビティなどの体験プログラムを充実や受入環境の整備等を行い、外国人来訪者等利用者の増加と長期滞在に取組みます。

 


お問い合わせ先

自然環境課

島根県庁 自然環境課   〒690-8501   島根県松江市殿町1番地
   Tel:0852-22-6172 (自然公園・歩道)  5348(整備)
       0852-22-6516 (自然保護・動植物) 6377(自然公園許認可)
       0852-22-5724 (隠岐ユネスコ世界ジオパーク・大山隠岐国立公園満喫プロジェクト)
   Fax:0852-26-2142
E-mail:shizenkankyo@pref.shimane.lg.jp