• 背景色 
  • 文字サイズ 

◇◇◇情報BOX◇◇◇

 建設工事等における各種情報についてお伝えします。

H28「しまね・ハツ・建設ブランド」対象技術説明会を開催しました。

平成28年度「しまね・ハツ・建設ブランド」対象技術説明会を、松江、出雲、浜田の3会場で開催しました。

建設業技術者及びコンサルタント技術者や県・市町村職員を含め、3会場で約130名が参加しました。

説明会では各企業が開発した新工法及び新製品の特徴やメリットを説明し、新技術への理解を深めていただきました。

新製品など開発に携わっている技術者から「自分が開発した製品がしまね・ハツ・建設ブランドとして登録され、使用されている現場を見ると、やりがいを感じる」といった声をいただいております。

島根県ではこのような声が引き続き聞かれるよう「しまね・ハツ・建設ブランド」を通じて、県内企業が開発した新技術の普及・活用を推進していきます。

 

●各会場開催状況

3会場毎の説明会状況です

 

●日程及び場所

 ○平成28年7月26日(火)出雲会場(出雲合同庁舎702会議室)13:00から17:15

 ○平成28年8月8日(月)松江会場(松江合同庁舎講堂)13:00から17:15

 ○平成28年8月10日(水)浜田会場(浜田合同庁舎大会議室)13:00から17:15

 

●プログラム

 出雲会場(PDF:66KB)

 松江会場(PDF:65KB)

 浜田会場(PDF:65KB)

 

「しまね・ハツ・建設ブランド」の技術情報については下記のホームページをご覧ください。

http://www.pref.shimane.lg.jp/infra/kouji/kouji_info/shimane_hatsu/hayami_hyo.html

平成25年豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る主要建設資材の需要見込みnew

(平成26年度第4から平成27年度第2四半期発注分)

 島根県においては、平成27年2月17日、関係団体(島根県土木コンクリートブロック協同組合、島根県コンクリート製品協同組合、一般社団法人島根県採石協会、一般社団法人島根県産業廃棄物協会、島根県生コンクリート工業組合)に対して、復旧工事を円滑に進めるため、平成27年度第2四半期までの災害復旧事業に係る主要資材の需要量見込みについて以下のとおり情報提供を行いました。

【情報提供】

平成25年豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る主要建設資材の需要見込み
(平成26年度第4から平成27年度第2四半期発注分)平成27年1月末時点

 平成26年度第4四半期から平成27年度第2四半期中に発注を予定している県及び市町発注の災害復旧工事に係る主要資材の需要見込みについて、県西部3事務所管内別に、四半期毎に集計した結果は下表のとおりです。
なお、平成27年度第3四半期以降については、災害復旧に伴う資材需要は一部地域に限定されるため、今回をもって情報提供を終了させていただきます。
また、集計対象は県関係分と市町関係分を合わせた、災害復旧工事(土木施設災害、農地・農業用施設災害、治山・林道災害)としていますが、県央県土整備事務所及び同大田事業所と大田市・川本町・吉賀町については、今回発注をすべて終えたため調査対象から除外いたしました。
四半期別の集計は、入札予定日を以って集計し、H27.1.1以降入札分を含み、H27.10.1以降入札予定分を除きます。

災害復旧事業に係る概算需要量見込み集計表(平成27年1月末時点)
資材名 単位 年度 発注時期

県央県土整備事務所管内(美郷町、邑南町)

浜田県土整備事務所管内(浜田県土整備事務所、浜田市、江津市) 益田県土整備事務所管内(益田県土整備事務所、同津和野土木事業所、益田市、津和野町) 合計
間知ブロック m2 H26 第4四半期 0 3,200 800 4,000
H27 第1四半期 400 1,900 2,300 4,600
第2四半期 0 300 0 300
  400 5,400 3,100 8,900
環境保全型
ブロック
m2 H26 第4四半期 200 2,100 900 3,200
H27 第1四半期 1,100 5,100 6,700 12,900
第2四半期 0 400 100 500
  1,300 7,600 7,700 16,600
ポーラス
コンクリート
ブロック
m2 H26 第4四半期 0 1,100 0 1,100
H27 第1四半期 0 600 1,400 2,000
第2四半期 0 500 0 500
  0 2,200 1,400 3,600
生コンクリート m3 H26 第4四半期 0 2,500 1,500 4,000
H27 第1四半期 600 1,700 7,700 10,000
第2四半期 0 300 0 300
  600 4,500 9,200 14,300
砕石 m3 H26 第4四半期 100 3,200 2,700 6,000
H27 第1四半期 700 4,100 10,800 15,600
第2四半期 0 600 0 600
  800 7,900 13,500 22,200
栗石・割栗石 m3 H26 第4四半期 0 500 200 700
H27 第1四半期 0 500 0 500
第2四半期 0 100 0 100
  0 1,100 200 1,300

(注1)間知ブロックは、滑面及び粗面の両タイプです。

(注2)ポーラスコンクリートブロックとは、表面が多孔質で保水力があり、植物の導入可能な環境配慮型コンクリートブロックです。

(注3)砕石は、基礎材、裏込材、路盤材等として使用する切り込み砕石、粒度調整砕石、再生砕石を対象としています。

(注4)栗石・割栗石は、フトンかご、かごマット等に使用するものとし、環境保全型ブロックの中詰石は含まれていません。

(注5)積算上の割増は含まれていません。

○平成25年度豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る主要建設資材の需要見込み

(平成26年度第2四半期から第4四半期)

 島根県においては、平成26年9月1日、関係団体(島根県土木コンクリートブロック協同組合、島根県コンクリート製品協同組合、一般社団法人島根県採石協会、一般社団法人島根県産業廃棄物協会、島根県生コンクリート工業組合)に対して、復旧工事を円滑に進めるため、平成26年度四半期別災害復旧事業に係る主要資材の需要量見込みについて以下のとおり情報提供を行いました。

【情報提供】

 平成25年豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る主要建設資材の需要見込み

 (平成26年度第2〜4四半期発注分)

平成26年7月末時点

 平成26年度中に発注を予定している県及び市町発注の災害復旧工事に係る主要資材の需要見込みについて、県西部3事務所管内別に、四半期毎に集計した結果は下表のとおりです。

 なお、集計対象は県関係分と市町関係分を合わせた、災害復旧工事(土木施設災害、農地・農業用施設災害、治山・林道災害)としています。

 また、四半期別の集計は、入札予定日を以って集計し、H26.7.1以降入札分を含み、H27.4.1以降入札予定分を除きます。

災害復旧事業に係る概算需要量見込み集計表(平成26年7月末時点)

資材名

単位

発注時期

県央県土整備事務所、同大田事業所、大田市、川本町、美郷町

 

浜田県土整備事務所、浜田市、江津市

益田県土整備事務所、同津和野土木事業所、益田市、津和野町、吉賀町

合計

間知ブロック

m2

第2四半期

1,900 6,000 1,300 9,200

第3四半期

2,600 2,100 2,300 7,000

第4四半期

2,600 1,600 1,800 6,000

7,100 9,700 5,400 22,200

環境保全型ブロック

m2

第2四半期

12,000 3,200 3,200 18,400

第3四半期

8,500 5,900 5,100 19,500

第4四半期

7,600 2,300 3,000 12,900

28,100 11,400 11,300 50,800

ポーラス
コンクリートブロック

m2

第2四半期

1,000 2,400 200 3,600

第3四半期

600 1,700 2,400 4,700

第4四半期

500 1,700 200 2,400

2,100 5,800 2,800 10,700

生コンクリート

m3

第2四半期

5,500 2,700 6,100 14,300

第3四半期

6,000 2,800 3,100 11,900

第4四半期

4,300 1,500 3,100 8,900

15,800 7,000 12,300 35,100

砕石

m3

第2四半期

11,100 4,800 3,300 19,200

第3四半期

6,400 5,600 4,400 16,400

第4四半期

6,800 2,900 3,800 13,500

24,300 13,300 11,500 49,100

栗石・割栗石

m3

第2四半期

600 2,500 500 3,600

第3四半期

800 1,000 1,100 2,900

第4四半期

700 400 1,100 2,200

2,100 3,900 2,700 8,700

(注1)間知ブロックは、滑面及び粗面の両タイプです。

(注2)ポーラスコンクリートブロックとは、表面が多孔質で保水力があり、植物の導入可能な環境配慮型コンクリートブロックです。

(注3)砕石は、基礎材、裏込材、路盤材等として使用する切り込み砕石、粒度調整砕石、再生砕石を対象としています。

(注4)栗石・割栗石は、フトンかご、かごマット等に使用するものとし、環境保全型ブロックの中詰石は含まれていません。

(注5)積算上の割増は含まれていません。

○平成25年度豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る主要建設資材の需要見込み

(平成26年1月末時点)

 島根県においては、平成26年2月13日、関係団体(島根県土木コンクリートブロック協同組合、島根県コンクリート製品協同組合、島根県アスファルト合材協会、一般社団法人島根県採石協会、一般社団法人島根県産業廃棄物協会、島根県生コンクリート工業組合)に対して、工事を円滑に進めるため、査定結果に基づく災害復旧事業に係る主要資材の需要量見込みについて以下のとおり情報提供を行いました。

【提供情報】

 災害復旧事業に係る主要資材の需要量見込み

 平成26年1月末時点

 災害復旧事業に係る主要資材の需要量見込みについて、査定結果をもとに西部3事務所管内別に算定した結果は下表のとおりです。

 なお、集計対象は県関係分と市町関係分をあわせた土木施設災害、農地・農業用施設災害、治山・林道災害としています。

災害復旧事業に係る概算需要量見込み(平成26年1月末時点)

区分

間知ブロック

(m2)

環境保全型

ブロック

(m2)

生コンクリート

(m3)

砕石

(m3)

アスファルト合材

(m3)

県央県土管内

15,300 47,700 20,400 33,200 300

浜田県土管内

22,600 53,200 27,700 38,100 800

益田県土管内

42,700 34,800 54,400 39,000 700

合計

80,600 135,700 102,500 110,300 1,800

※1砕石欄には、基礎材・裏込材・路盤材等として使用する切込砕石(再生材含む)及び粒調砕石を集計。

※2益田県土管内の間知ブロック数量のうち河川災害復旧助成事業で使用予定の27,000m2については、実施の際には大型ブロックに変更となる可能性がある。

※3生コンクリート数量のうち、県央県土管内の4,500m3浜田県土管内の1,600m3益田県土管内の10,000m3は実施の際にはソイルセメントに変更となる可能性がある。

平成25年度豪雨災害に伴う災害復旧工事に係る建設資材の確保について

(平成25年10月末時点)

 島根県においては、平成25年11月14日、関係団体(島根県土木コンクリートブロック協同組合、島根県コンクリート製品協同組合、島根県アスファルト合材協会、一般社団法人島根県採石協会、一般社団法人島根県産業廃棄物協会、島根県生コンクリート工業組合)に対して、工事を円滑に進めるため、災害復旧事業に係る主要資材の概算需要量見込みについて以下のとおり情報提供を行い、計画的な製品の製造、原料確保並びに生コンクリート・アスファルト合材の運搬車両確保について要請を行いました。

【提供情報】

 災害復旧事業に係る主要資材の概算需要量見込み

 平成25年10月末時点

 災害復旧事業に係る主要資材の概算需要量見込みについて、災害被害額をもとに西部3事務所管内別に算定した結果は下表のとおりです。

 なお、集計対象は県関係分と市町関係分をあわせた土木施設災害、農地・農業用施設災害、治山・林道災害としています。

災害復旧事業に係る主要資材の概算需要量見込み(平成25年10月末時点)
区分

間知ブロック

(m2)

環境保全型

ブロック(m2)

生コンクリート

(m3)

砕石(m3) アスファルト合材(m3)
県央県土管内 35,000 34,000 26,700 39,300 600
浜田県土管内 50,800 35,100 38,100 52,900 1,700
益田県土管内 36,500 55,400 48,200 53,000 800
合計 122,300 124,500 113,000 145,200 3,100

※1土木施設災害については、1次から3次査定結果と今年度の被害額により概算需要量を想定

 河川災害のブロックは県土整備事務所への聞取りにより全て環境ブロックとして概算需要量を想定

※2農地・農業用施設災害については、平成24年度実績と今年度の被害額の関係により概算需要量を想定

※3治山・林道災害については、復旧計画(予定)により概算需要量を想定

※4砕石欄には、基礎材・裏込材・路盤材等として使用する切込砕石(再生材含む)及び粒調砕石を集計

 


お問い合わせ先

技術管理課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL 0852-22-5652
FAX 0852-25-6329
e-mail gijyutsu@pref.shimane.lg.jp