• 背景色 
  • 文字サイズ 

活躍する微生物たち

下水処理場の生物反応槽には、微生物を多量に含んだ「活性汚泥」と呼ばれるものがあります。
下水中の有機物は、活性汚泥の中の微生物(バクテリアや原生生物)の働きによって分解され、同時に水質悪化の原因となる窒素やリンも取り除かれます。

 

※写真をクリックすると、微生物の詳しい情報がご覧いただけます。

 

1.ボルティセラ(Vorticella)
ボルティセラの顕微鏡写真です

 

2.オペルクラリア(Opercularia)
オペルクラリアの顕微鏡写真です

 

3.エピスティリス(Epistylis)
エピスティリスの顕微鏡写真です

 

4.アスピディスカ(Aspidisca)

アスピディスカの顕微鏡写真です
 

5.スピロストマム(Spirostomum)

スピロストマムの顕微鏡写真です

 

6.ロタリア(Rotaria)

ロタリアの顕微鏡写真です

 

7.シャトノータス(Chaetonotus)

シャトノータスの顕微鏡写真です

 

8.マクロビオツス(Macrobiotus)

マクロビオツスの顕微鏡写真です

 


お問い合わせ先

宍道湖流域下水道管理事務所

〒690-0023 島根県松江市竹矢町1444
TEL:0852-37-0216 
FAX:0852-37-0447 
Mail:toubujouka@pref.shimane.lg.jp