• 背景色 
  • 文字サイズ 

果樹の振興

果樹の振興方針及び振興品目について掲載しています。

果樹振興方針について

主な振興品目

ぶどう

  • 島根県は‘デラウェア’を中心としたぶどうの産地です。出雲市の砂丘地や益田市の丘陵地等、県内の広範囲で栽培されています。島根のデラウェアは甘みが強くて外観が美しく、50年以上愛され続けてきたロングセラー商品です。5~7月において、県内や全国各地のスーパーやデパート等で広く取り扱っています。
  • 平成20年からは‘シャインマスカット'の出荷が始まりました。‘シャインマスカット'はマスカットの香りを有し、大粒で食味が優れ、皮ごと食べることができる期待の新品種です。島根県産‘シャインマスカット'は主に8~9月に出荷されます。

島根のぶどう島根のマスカット

かき

  • 島根県は全国有数の西条柿の産地として知られています。西条柿は中国地方特有の品種で、食味が非常に優れており、糖度は数ある品種の中でもトップクラス。食感も抜群です。出荷時期は10~11月で、外観が砲弾型で「打ち出の小槌」を連想させることから「こづち」という愛称で出荷されています。出雲市平田地区ほか県内で広く栽培されています。
  • 西条柿を使った干し柿類も高品質品として市場から高い評価を得ています。東出雲町畑地区では古くから自然乾燥による干し柿(ころ柿)生産に取り組んでいるほか、最近は半生タイプの「あんぽ柿」の需要も高まっており、県全域で生産が行われています。

島根のカキ島根の干し柿

なし

  • 島根県では、安来市等で青ナシ‘二十世紀’が栽培されているほか、浜田市旭町や出雲市で‘幸水’‘豊水’等の赤梨が栽培されており、地元市場や関西市場等へ出荷されています。
  • 各産地において光糖度センターによる選果、顧客が園地を指定して購入するオーナー制度等、さまざまな取り組みが行われています。

 島根のナシ

いちじく

  • 出雲市、松江市等の平野部で栽培されています。水田転換作物として取り組まれる例が多く、栽培面積は増加傾向です。最近は、ハウス栽培や棚栽培の導入も進んでいます。
  • 県内最大の産地である出雲市多伎町では、食味が非常に優れる‘蓬莱柿(ほうらいし)’の栽培に取り組んでおり、県内外から高い評価を得ています。加工品生産も盛んで、ゼリー、干し果、姿煮等さまざまな商品が開発されています。

島根のイチジク島根のイチジク加工品


お問い合わせ先

農産園芸課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5131
FAX:0852-22-6036
nosan-engei@pref.shimane.lg.jp