• 背景色 
  • 文字サイズ 

獣医師に関すること

 県民の皆様に適切な獣医療を提供するため、獣医師の確保対策、獣医療体制の整備、飼育動物診療施設への指導などを行っています。

 

獣医師の職員募集について

 今後の募集に係る情報のほか、公務員獣医師の仕事に興味があるという方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

【お問い合わせ先】

 公衆衛生の仕事に興味がある島根県健康福祉部薬事衛生課食品衛生グループ

 TEL:0852-22-629E-mail:yakuji@pref.shimane.lg.jp

 家畜衛生の仕事に興味がある島根県農林水産部畜産課家畜衛生グループ

 TEL:0852-22-513E-mail:chikusan@pref.shimane.lg.jp

詳細は下記を参照してください。

  • 職員募集については、こちら
  • 獣医系大学生のインターンシップについては、こちら
  • 修学資金制度については、こちら

獣医療を提供する体制の整備を図るための計画(計画年度:H23〜H32)

 本県では、適切な獣医療の提供を通じて、畜産業の発達、動物の保健衛生の向上、食の安全確保等に寄与していくため、平成32年度を目標年度とする「島根県における獣医療を提供する体制の整備を図るための計画」を定めました(平成24年3月)。

 「島根県における獣医療を提供する体制の整備を図るための計画」計画書(PDF)

 本計画の策定にあたっては、国の「獣医療を提供する体制の整備を図るための基本方針」(平成22年8月公表)、「島根県総合発展計画」(平成20年4月策定)、「新たな農林水産業・農山漁村活性化計画」(平成20年3月策定)、「島根県酪農・肉用牛生産近代化計画」(平成23年3月策定)等を踏まえ、特に以下の点を考慮しました。

  1. 産業動物獣医療体制の確保
  2. 産業動物分野及び公務員分野の獣医師の確保
  3. 獣医療技術の向上
  4. 組織的な家畜防疫体制の確立

獣医療広告ガイドライン

 「獣医療法施行規則の一部を改正する省令」が平成20年8月1日より施行され、規則第24条の規定に基づく広告制限の特例が変わり、新たに「獣医療に関する広告の制限及びその適正化のための監視指導に関する指針(獣医療広告ガイドライン)」が制定されました。

 詳細は、農林水産省のホームページ(外部サイト)を参照下さい。

獣医療における放射線障害防止

 「獣医療法施行規則の一部を改正する省令」が平成21年2月20日に施行され、獣医療における放射線障害防止の規制が改正されました。飼育動物診療施設の開設者及び管理者は、従事者等の放射線障害防止に努め、適正な放射線診療の体制を整備して下さい。

  • 規則改正についての概要版はこちらをご覧下さい。

 (エックス線装置のみを用いて診療を行う診療施設に関する事項の概要を説明しています)

  • 放射線診療装置の分類についてはこちらをご覧下さい。
  • 規則改正に係る通知(国)はこちらをご覧下さい。
  • 法令(獣医療法・獣医療法施行令・獣医療法施行規則)はこちら(外部サイト)を参照下さい。

獣医師法第22条にかかる届出について

平成28年度は獣医師法第22条の届出を行う年です!

 獣医師は、獣医師法第22条の規定に基づき、2年に一度の届出が義務付けられています。

 獣医師免許をお持ちの方は、業務の種類や内容にかかわらず、該当年の12月31日現在の状況を、翌年1月1日〜1月31日にお住まいの住所地を管轄する都道府県(=家畜保健衛生所)に届け出る必要があります。

 

  • 届出書の提出先

 届出書は、お住まいの住所地を管轄する家畜保健衛生所に提出してください。

 管轄家保は、こちらで御確認ください。

 また、届出書に関してご不明な点がございましたら、家畜保健衛生所にお問い合わせください。


お問い合わせ先

畜産課

〒690-8501
島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5112   FAX:0852-22-6043