• 背景色 
  • 文字サイズ 

主伐・再造林

 島根県では、スギ、ヒノキを中心とした人工林の多くが利用期を迎え、製材、合板、チップ用(製紙・燃料)などの原木需要の高まりに対して供給(原木生産)を増大させていくことが重要となっており、木を「伐って、使って、植えて、育てる」循環型林業を推進しています。

 こうしたなか、今後、原木増産に伴い人工林の主伐が益々増加していきますが、伐採した跡地は植栽するなどして確実に更新して、次の循環につなげていくことが重要です。

 

 

 

伐採者と造林者の連携による伐採と再造林等のガイドラインについて

 原木増産のための主伐の促進、伐採跡地の確実な更新に向けて、伐採前から伐採者と造林者が連携して取り組むように「伐採者と造林者の連携による伐採と再造林等のガイドライン」を作成しました。

 

伐採者と造林者の連携による伐採と再造林等のガイドライン(概要)pdf

伐採者と造林者の連携による伐採と再造林等のガイドライン(全文)pdf

 <様式>

 ・伐採更新計画(別紙様式1)exel

 ・協定(覚書)締結の報告(別紙様式2)word

 

伐採者と造林者の連携による伐採と再造林等のガイドライン(説明資料)pdf

 

 

新たな再造林の手引きについて

 人工林伐採跡地の再造林を行ううえで、将来の収益を大きく左右する樹木の生長に影響する「適地適木」と再造林経費の縮減を図る「低コスト再造林」を中心に技術的解説や手順を示した「新たな再造林の手引き」を作成しました。

 

新たな再造林の手引き(全文)pdf

 

新たな再造林の手引き(説明資料)pdf

 

 

関連する制度・補助事業等


お問い合わせ先

森林整備課

島根県 農林水産部 森林整備課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
・森林計画グループ(地域森林計画、森林情報など)TEL:0852-22-5178
・森林保全グループ(保安林、林地開発など)TEL:0852-22-5169
・森林育成・間伐グループ(造林、種苗、森林病害虫の防除など)TEL:0852-22-5177
・治山グループ(治山事業、地すべり防止事業など)TEL:0852-22-5172
・林道グループ(林道事業、林道の災害復旧事業など)TEL:0852-22-5171
・森林環境保全スタッフ(島根CO2吸収認証制度、島根CO2固定量認証制度、企業参加の森づくり推進など)TEL:0852-22-6541
・鳥獣対策室(野生鳥獣の保護管理・農林作物などへの被害防止対策、狩猟など)TEL:0852-22-5160
FAX:0852-22-6549
E-mail:shinrin@pref.shimane.lg.jp