• 背景色 
  • 文字サイズ 

「しまねの森林」フォトコンテスト

島根県の恵み、豊かな自然、緑豊かな森林を撮ろう!!

 

 島根県の森林・林業総合情報誌「しまねの森林」では、県内の恵み、豊かな自然、緑豊かな森林の魅力を広く理解していただくために、2006年からフォトコンテストを開催しています。

◆2018「しまねの森林」フォトコンテスト作品募集

■募集テー「感じよう!しまねの森林!循環の環!」~第71回全国植樹祭記念募集~

 今回は、平成32年春季に島根県で開催される「第71回全国植樹祭」を記念して、しまねの森林を「伐って・使って・植えて・育てる」写真や、県民参加による森林づくり、豊かな自然や人々の営みが創り上げてきた文化を切り取った写真を広く募集します!!

 ・伐採・植林・育林風景等、森林が循環する姿を題材にしたもの

 ・森林を活用したイベントや森林環境教育など、県民による森林づくり活動を題材にしたもの

 ・先人の営みにより育まれてきた美しい山々、里山の風景、森林と人とのふれあい、木材と人とのふれあいなど、自然や人々の文化を題材にしたもの

 ・歴史ある木造施設など、木造文化の魅力を題材にしたもの

 

※ご応募頂いた作品は、「第71回全国植樹祭」に関する各種広報誌や、県内外での森林・林業に関する各種イベント・展示会等に活用させて頂く場合があります!

 【第71回全国植樹祭に関する情報はこちらから↓↓】

 http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/norin/ringyo/syokujyusai/

 

■表彰

 最優秀1点(賞状・賞金3万円)

 優秀2点(賞状・賞金1万円)

 入3点(賞状・図書カード5千円)

 佳5点(賞状・図書カード3千円)

 ※一応募者につき受賞は一点とします。

 

■応募締切

 平成30年7月31日(火)当日消印有効

 

■応募・問い合わせ

 「しまねの森林」発行委員会事務局

 〒690-8501島根県松江市殿町1番地

 島根県林業課林政企画グルーTEL:0852-22-5163

 

2018「しまねの森林」フォトコンテストの詳細はこちらをご覧ください。

 

◆2017「しまねの森林」フォトコンテスト入賞作品

 毎年恒例の『しまねの森林』フォトコンテスト。テーマを「しまねの森林と木材」として作品の募集を行いました。

 平成28年11月から平成29年7月までの募集期間に、県内外の36名の方から70点の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました!!

 それでは、その中から選ばれた入賞作品11点を発表します。

 

最優秀賞
わさび田の再生

「わさび田の再生」(大田市)

祥紀さん

 山葵の葉を前面に配し、谷懐に積まれた石垣と、そこから溢れ落ちる清水は、山の豊かな保水力を窺うことが出来ます、また人物を描写することで活き活きとした作品になりました。

 

優秀賞
山紅葉

杉、風雪に耐えて

 

「山紅葉」(松江市)

功さん

 燃えるような広葉樹と緑の針葉樹のコントラストが、美しい作品です。

「杉、風雪に耐えて」(出雲市)

直樹さん

 針葉樹林と葉を落とした広葉樹林、厳しい冬の情景をシャープなピントとモノクロで表現した秀作です。

 

入選

みちびき

 

世界のはじまり命主 森の番人

 

「導き」(雲南市)

真吾さん

 雲見滝への橋を、谷川に射し込む斜光の中へ取り込み、苔生した倒木、濡れた川石の描写も素晴らしく、光の捉え方が上手い作品です。

「世界のはじまり命主」(出雲市)

浩さん

 これほど歴史を感じる木には、お目に掛かった事がありません、幹や枝の描写も素晴らしく、古木の生命力に驚かされます。

「森の番人」(雲南市)

朝雄さん

 後方に霞む山の峰は二重三重にと重なり、山の深さを窺い知ることが出来ます。牧場の一角に山羊を放ち、人畜一体となり山を守る姿が微笑ましい。

 

佳作
青野山麓の茶畑で 山登り 生命の樹 しょか スノーシュートレッキング

「青野山麓の茶畑で」(津和野町)

亮さん

 風も無く、音もなく、晩春の茶畑で手摘みする茶葉は、自家用の手揉み茶でしょうか、美しい青野山を背景にした風景に心が安らぐ思いです。

「山登り」(出雲市)

将さん

 里山に挑む子供たち、表情は見えないがきっと歯を食縛り必死の形相でしょう、後姿からも容易に想像できます。

「生命の樹」(隠岐の島町)

辰輔さん

 隠岐の島、島後岩倉の乳房杉の幹を中心に配置して、堂々たる杉が力強く表現されています。

「初夏」(大田市)

西透さん

 春の野焼きの後に生えた若草を、むさぼるように食べる牛たちと、それを見守る母娘が画面を引き立て、空行く雲も美しく表現されています。

 

「スノーシュートレッキング」(飯南町)

西稔さん

 木々に吹き付けられた雪が、前日の吹雪を想像させ、朝の斜光も美しく、落葉したブナ林を行く人たちのリズミカルな動きも伝わってきます。

 

講評

 今年の7月、中国やまなみ街道をバスで広島に向かった、平成27年3月に全線開通したこの高速道は延長137キロメートル、此のうち島根県内線は51キロメートルである。宍道JCTを左にカーブすると、緑に輝く小高い山やそれをとりまく田圃が広がっている。バスは進み、県境に近くなると標高1000メートル級の山々の中を縫うように走っていた。

 宍道JCTから県境までは僅か30キロあまり、山陰の地形が如何に急峻であるかを物語っている。

 谷川に落ちた雨は、その日のうちに日本海へと注ぐのだろう、四季を通して豊かな水を確保してくれるのは、緑に輝く山々である。

 命の根源である水を生み出す森を、日常の生活の中で写し撮った作品に出会うことを期待します。

 「しまねの森林(もり)」フォトコンテスト審査委員長

 日本写真協会会成相吉堯

 


お問い合わせ先

林業課

【問い合わせ先】
島根県 農林水産部 林業課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地 FAX 0852-26-2144
 ・林政企画グループ TEL 0852-22-5158・5163
 ・水と緑の森づくりグループ TEL 0852-22-6003・5166・5170
 ・森林組合・担い手育成グループ TEL 0852-22-5104・5159
 ・林業普及スタッフ TEL 0852-22-5162・5153
 ・全国植樹祭推進室 TEL 0852-22-5494・5706
 ・木材振興室 TEL 0852-22-5168・6749

E-mail
林業課(木材振興室、全国植樹祭推進室除く)  ringyo@pref.shimane.lg.jp
木材振興室  mokuzai-shinkou@pref.shimane.lg.jp
全国植樹祭推進室  syokujusai@pref.shimane.lg.jp
島根県緑化センター(管理スタッフ)
〒690-0406 島根県松江市宍道町佐々布3575
 TEL 0852-66-3005  FAX 0852-66-3296
E-mail ryokkasen@pref.shimane.lg.jp