• 背景色 
  • 文字サイズ 

「しまねの森林」フォトコンテスト

島根県の恵み、豊かな自然、緑豊かな森林を撮ろう!!

 

 島根県の森林・林業総合情報誌「しまねの森林」では、県内の恵み、豊かな自然、緑豊かな森林の魅力を広く理解していただくために、2006年からフォトコンテストを開催しています。

◆2017「しまねの森林」フォトコンテスト作品募集

■テーマ「しまねの森林と木材」

 島根県内の美しい森林風景や木材の利活用など、島根県の森林や木材の魅力を発信する写真を募集します。

 美しい山や天然林・人工林、里山の風景、きのこや山菜等山の幸などを題材にしたもの

 森林を育てる活動風景や木のおもちゃで遊ぶ子どもなど、森林と人とのふれあい、木材と人とのふれあいを題材にしたもの

 木材を利用した建築物の内装や外観など、木材の魅力を題材にしたもの

 ※上記1から3のいずれかの部門に沿った写真が対象です。

 

■表彰

 最優秀1点(賞状・賞金3万円)

 優秀2点(賞状・賞金1万円)

 入3点(賞状・図書カード5千円)

 佳5点(賞状・図書カード3千円)

 ※一応募者につき受賞は一点とします。また、部門による区別は設けません。

 

■応募締切

 平成29年7月31日(月)当日消印有効

 

■応募・問い合わせ

 「しまねの森林」発行委員会事務局

 〒690-8501島根県松江市殿町1番地

 島根県林業課林政企画グルーTEL:0852-22-5163

 

2017「しまねの森林」フォトコンテストの詳細はこちらをご覧ください。

 

◆2016「しまねの森林」フォトコンテスト入賞作品

 毎年恒例の『しまねの森林』フォトコンテスト。テーマを「しまねの森林と木材」として作品の募集を行いました。

 平成27年11月から平成28年7月までの募集期間に、県内外の46名の方から111点の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました!!

 それでは、その中から選ばれた入賞作品11点を発表します。

 

最優秀賞
最優秀賞「杉苗手入れ」行長好友さん

「杉苗手入れ」(大田市)

好友さん

 植林に至るまでの、地道な育苗作業の様子を窺い知る事が出来る秀作です。

 

優秀賞
優秀賞「吊り橋のある森」吉岡直樹さん

優秀賞「森林と共存」佐藤正美さん

 

「吊り橋のある森」(出雲市)

直樹さん

 森と清流そして環境に配慮された吊り橋、そこに佇む少女と犬、物語が生まれそうな作品です。

「森林と共存」(松江市)

正美さん

 木漏れ日のなかに椎茸のほだ木が浮かび上がり、手入れの行き届いた森の描写も素晴らしいです。

 

入選

入選「森の星空」橘重孝さん

 

入選「チャレンジャー」佐伯範夫さん 入選「挑戦」田村啓子さん

 

「森の星空」(大田市)

重孝さん

 星が降るように感じられ、澄み渡る空気に包まれた森の環境を、星空で表現した異色の作品です。

「チャレンジャー」(安来市)

範夫さん

 遊具とスポーツとを兼ね備えたウッドクライミングでしょうか、子供の位置とポーズが良い作品です。

「挑戦」(松江市)

啓子さん

 集中して丸太を切る様子は真剣そのもの、やや曲がったノコギリに苦戦の様子が窺える力作です。

 

佳作
佳作「チェーンソーアート」矢野千恵子さん 佳作「名湯の街角」糸賀一典さん 佳作「緑のカーテン」河野将幹さん 佳作「石神さん森」角場薫さん 佳作「守る育てる」桑名弥栄さん

「チェーンソーアート」(邑南町)

千恵子さん

 氷のアートはよく見ますが、チェーンソーで用材を削るアートはとても面白く、着眼点が良いと思います。

「名湯の街角」(大田市)

一典さん

 洒落た洋館建築には歩んできた歴史が感じられ、照明にいで湯の雰囲気が漂い、親子の姿が最高です。

「緑のカーテン」(飯南町)

将幹さん

 立ち並ぶ木立、紅葉の始まった木を見上げる人物を入れることで、森の深さを感じさせる作品です。

「石神さんの森」(出雲市)

薫さん

 御神体の岩に覆いかぶさる欅の幹、巨石と巨木、共に心霊がこもっているかのようです。

 

「守る育てる」(隠岐の島町)

弥栄さん

 潮風からアカマツの群落を守る防風柵は珍しく、美しい並木の姿も上手く捉えられています。

 

講評

 島根県民の歌で「薄紫の山並みは遥か希望の雲がわく」と歌われた山々は四季それぞれに美しく、また朝、昼、夕と表情を変える様は心に安らぎを与えてくれます。今を生きる我々に、この緑豊かな森林資源を如何に利用し、維持し、後世に伝えていくか、このコンテストが森林に対する理解の一助となれば幸いです。

 今年の応募作品は、「しまねの森林」部門と新しく「木のある暮らし」部門が出来たことにより、多彩な作品が集まりました。その中でも森林の維持、管理を対象とした作品が多数ありました。写真的に優れていても、そこに写し撮られた作業内容が安全性等の観点から、残念ながら受賞の対象にならない作品もありました。

 新設の「木のある暮らし」部門へは、初めての募集でもあり数はそれほど多くはありませんでしたが、この部門は気軽に応募できるテーマでもあり、今後、コンパクトカメラやスマートフォンで写し撮った、明るくて、楽しい作品が数多く集まることを期待しています。

 「しまねの森林(もり)」フォトコンテスト審査委員長

 日本写真協成相吉堯

 


お問い合わせ先

林業課

【問いあわせ先】
島根県農林水産部林業課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL  0852-22-5161
FAX 0852-26-2144
Eメール ringyo@pref.shimane.lg.jp