• 背景色 
  • 文字サイズ 

発電利用に供する木質バイオマスの証明制度<島根方式>

 平成27年度から県内で発電を開始する木質バイオマス発電施設への燃料用チップは、どこから、どのような経路で生産された木質バイオマスを原料としているかを証明することが必要です。このため、林野庁は、平成24年6月18日に「発電利用に供する木質バイオマスの証明のためのガイドライン(以下、ガイドライン)」を公表しました。

 ガイドラインに基づき自主的行動規範を策定した(一社)島根県木材協会および(公社)島根県林業公社は、発電利用に供する木質バイオマスの証明事務取扱要領による証明制度を運用することになっております。

 この証明事務取扱要領は、島根県がガイドラインに基づき、森林組合等の林業関係者との協議をもとに作成したものです。

 

 発電利用に供する木質バイオマスの証明事務取扱要領(pdf

 発電利用に供する木質バイオマスの証明事務取扱要領概要版(pdf

 証明書様式(pdf)(word

 証明書記載例(pdf

 


お問い合わせ先

林業課

【問いあわせ先】
島根県農林水産部林業課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL  0852-22-5161
FAX 0852-26-2144
Eメール ringyo@pref.shimane.lg.jp