• 背景色 
  • 文字サイズ 

外国人の雇用について

 若年者の県外流出や、少子高齢化の進行により、現在、県内企業においては人材確保が困難な状況となっています。こうした背景の中、島根県内では、平成19年に企業からの外国人雇用状況の届出が義務化されて以来、外国人労働者を雇用している事業所数や外国人労働者数がともに過去最高となっています。

 一方、平成29年11月に施行された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)」では、実習期間の延長など制度が拡充されるとともに、技能実習生を受け入れる企業等の役割が明確にされ、直接的な規制が行われるようになりました。

 外国人技能実習生の受け入れにあたっては、入国管理制度、技能実習法、外国人労働者に対する雇用管理等について正しい理解のもとに適正に実施することが求められることから、このたび、県内企業への支援の一環として、外国人雇用に関する基礎的な事項をとりまとめたパンフレットを作成しました。

 

外国人雇用の基礎知識(PDF:7,095KB)

 


お問い合わせ先

雇用政策課多様な就業推進室

〒690-8501
松江市殿町1番地(本庁舎2階)
・いきいき職場づくり推進グループ 電話:0852-22-6562
・女性・高齢者等就業支援グループ 電話:0852-22-5309
FAX:0852-22-6150
メール:koyo-seisaku@pref.shimane.lg.jp