• 背景色 
  • 文字サイズ 

4月28日、きんさい市場黒川店、石見産業支援センターを訪問しました。

きんさい市場黒川店を訪問

 視察の様子

4月28日(火)浜田市黒川町の「きんさい市場黒川店」を訪問しました。

 

 生産者の顔のみえる、安全で安心な農産物提供を目的として、「いわみ中央産直振興協議会」により平成14年に開設されたこの産直市場では、野菜や花卉、農産加工品等が販売されています。平成20年度の売上額は約91百万円で、浜田市民の皆さんに親しまれる市場として定着するとともに、農産物を供給する生産者の皆さんの意欲を引き出し、浜田地域の農業振興に大きく貢献しています。

 

(写真:いわみ中央農業協同組合山縣秀基組合長の案内で市場内を視察する知事)

 

 

生産者の顔写真

 

 

 

 

 

 

 市場内を視察した知事は、生産者の名前入りのラベルが貼られた商品や、生産者の顔写真が壁一面に張り出されている様子を見ながら、「生産者の顔の見える販売方法がいいですね。このような産直市場が県内に増えてきて、地域農業を元気にしてくれています。県としても更に支援していきたいと思います。」と述べました。

 

 

 

 

石見産業支援センターのインキュベーションルーム入居者の皆さんとの懇談

 

懇談の様子

 

 

 次に浜田市相生町の石見産業支援センター「いわみぷらっと」を訪れ、施設内のインキュベーションルームに入居中の企業の皆さんと懇談しました。

 

「いわみぷらっと」内のインキュベーションルームと呼ばれる部屋は、間仕切りによって区切られたブースをオフィスとして最長2年間利用することができ、新たな事業分野への進出を目指す方々が入居していらっしゃいます。

 

入居者の皆さん

 

 

 懇談では入居者の皆さんの活動状況や今後の事業展開の計画などをお聴きしました。

 

 知事は「県産品のブランド化や都市のマーケットへの販路拡大のための仲介、Iターン、Uターンされる皆さんの支援などにより、地域の活動を支援するのが県の仕事です。皆さんがこのインキュベーションルームから独立されても、県の支援制度等を活用いただき、立派な事業を確立していただきたいと思います。」と述べ皆さんの今後の活躍に期待を寄せました。

 

(写真:左から岡田将拓さん、今井千温さん、溝口知事、山藤二郎さん、長井達郎さん、横田欽市さん)

 


お問い合わせ先

県民対話室

島根県広報部県民対話室
〒690-8501
島根県松江市殿町1番地   
【電話】0852-22-5770
【FAX】0852-22-6025