• 背景色 
  • 文字サイズ 

若手職員の政策提案制度の概要

 若手職員の政策提案制度を平成19年5月に創設しました。概要は以下のとおりです。

目的

(1)政策課題及び県民ニーズに迅速かつ柔軟に対応することにより、住民満足度の向上を図ります。

(2)若手職員の斬新かつ柔軟な発想を県政に活用し、限られた予算の効果的、効率的な執行を行います。

(3)若手職員の政策形成能力の育成及び意識啓発を図ることにより、組織の活性化を促進します。

 ※若手職員とは、原則として、20代から30代の職員をいいます。

政策課題の決定

 政策課題は知事が、随時、決定します。

政策提案者

 政策課題毎に募集要項を定め、政策提案者となる若手職員を公募で決定します。

 なお、公募で決定された政策提案グループは、必要に応じて知事とのミーティングを実施しながら、主体的に自由な意見交換を行い、政策課題に対する報告書をまとめて知事に報告します。

政策提案

各年度の政策提案の内容は以下のリンク先に掲載しています。

 

平成28年度提案

 集落営農組織の経営多角化・広域連携の推進検討

 

平成27年度提案

 女性の社会参画推進検討

 

平成26年度提案

 医療と介護の連携推進検討

 再生可能エネルギーの推進検討

 

平成25年度提案

 食育の推進検討

 島根観光の新たな魅力づくり検討(JR西日本若手職員と合同)

 

平成24年度提案

 SNSを活用した情報発信検討

 農業の担い手確保検討

 

平成23年度提案

 定住対策検討

 エネルギー政策検討

 

平成22年度提案

 医師確保対策検討

 

平成21年度提案

 山陰ロハスプロジェクト(鳥取県の若手職員と合同)

 

平成20年度提案

 高齢者に選ばれる居住環境プラン検討

 

平成19年度提案

 島根県ホームページ魅力向上検討

 財政改革検討

 ソフト系IT産業誘致等検討

 「しまねの森」水と緑の再生プラン

 事務改善検討

 


お問い合わせ先

政策企画監室

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県 政策企画監室
電話:0852-22-6063
FAX:0852-22-6034
Eメール:seisaku-kikaku@pref.shimane.lg.jp