• 背景色 
  • 文字サイズ 

県庁庭園水燈路〜結(ゆ)いとうろ〜

結いとうろトップ1結いとうろトップ2結いとうろトップ3結いとうろトップ4結いとうろトップ5

 

 

 

 

結いとう2018

松江の秋の風物詩「松江水燈路」に、島根県庁も参加します!

 松江城周辺をライトアップし、光と影が織りなす幻想的な風景を楽しむ「松江水燈路」。今や松江の秋の風物詩として欠かすことのできないイベントとなっています。

 島根県庁では、これに合わせて、県庁舎のライトアップや庭園への行灯設置を行うイベント「県庁庭園水燈路〜結いとうろ〜」を開催します。平成25年に営繕課の若手職員の発案で始め、今年で6回目となります。

(関連リンク:松江観光協会「松江水燈路」ホームページ(外部サイト)

 

「県庁庭園水燈路〜結いとうろ〜」

【期間】平成30年10月19日(金)18:00〜21:00

 平成30年10月20日(土)17:00〜21:00

 平成30年10月21日(日)18:00〜21:00

【会場】県庁庭園〜第三分庁舎(旧県立博物館)

 東庁舎駐車場等

 

【主催】県庁庭園水燈路(結いとうろ)実行委員会

【共催】(一社)松江観光協会、(一社)日本建築学会島根支所

 

行灯(あんどん)づくりワークショップ※7月23日締め切りました。

 「県庁庭園水燈路〜結いとうろ〜」当日の県庁庭園を彩る行灯の作成ワークショップを開催します。

 →イベントの詳細・申込書はこちら

 

 【日時】平成30年8月18日(土)午前の部:10:00〜12:00/午後の部:14:00〜16:00

 【会場】島根県職員会館1階健康教育室

 【参加費】無料

 【申込〆切】平成30年7月31日(火)※7月23日定員に達したため締め切りました。

 

県庁庭園水燈路のコンセプト

「水燈路」と「街あかり」を結ぶ

イベントコンセプトスケッチ

 

 これまで大手前駐車場で途切れていた「松江水燈路」。

 

 開催エリアを県庁庭園へ拡げることで、「水燈路」とカラコロエリア周辺の「街あかり」が結びつきます。(県庁庭園水燈路の愛称「結いとうろ」も、これにちなんで付けました。)

 

 城山周辺の「水燈路」来場者が自然にカラコロエリアへと流れる仕掛けをつくることにより、中心市街地の賑わい創出に貢献します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県庁舎とその周辺施設の魅力を「再発見」

 

航空写真

 

 昭和30年代から40年代にかけて整備された県庁本庁舎とその周辺施設は、地方都市における先進的な市街地整備の事例として高い評価を受けており、昭和45年には我が国の建築界で最も名誉ある「日本建築学会賞」を受賞しています。

 

 また、県庁庭園を中心として、昭和のモダンな建築群と、江戸期の城郭(松江城)が一体的に形成する美しい景観は、全国にも類を見ない極めて貴重なものと言えます。

 

 「県庁庭園水燈路」のライトアップをきっかけに、県庁舎とその周辺施設の魅力をぜひ「再発見」してみてください。

 

 

★参考リンク

 大建築友の会(外部サイト)(島根県建築士会ホームページ。島根県庁周辺施設の魅力が紹介されています。)

 

 

 


お問い合わせ先

営繕課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL: 0852-22-6596
FAX: 0852-22-6199
e-mail: eizen@pref.shimane.lg.jp