時速5キロメートルの衝撃を体験

 この度、三刀屋保育所夏祭りが開催され、夏祭りに併せて、パトカー展示とJAFによるシートベルトの効果体験を行いました。

 パトカー展示では、子供制服に袖を通した保育園児が楽しそうにパトカーに乗り、マイクを使って警察官さながらに「止まりなさい」と大きな声を出していました。

 JAFによるシートベルトの効果体験では、シートベルト・チャイルドシートを着用した状態から時速5キロで衝突する模擬体験を行い、あまりの衝撃に悲鳴や驚きの声が聞こえました。

 体験した保護者や園児からは「時速5キロでも強い衝撃があり、シートベルトをしてなかったら前に飛び出しそうだった。シートベルトの効果を体験できてよかった。」「パトカーがかっこよかった。またパトカーに乗りたい。」等の声が聞かれ、親子・地域の親睦を深め、交通安全意識の高揚が図られました。

子供制服を着てパトカーに乗車

パトカーに乗ってはい、敬礼

シートベルトの効果体験、衝撃にびっくり

シートベルトの効果体験

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー