飲酒運転根絶啓発パトロール出発式を開催しました

 雲南警察署では、奧出雲町交通安全対策協議会(会長:勝田康則奥出雲町長)と協働し、8月4日(木)国の名勝・天然記念物である「鬼の舌震」前で、飲酒運転根絶啓発パトロール出発式を開催しました。

 式では、「飲酒運転100%なくし大使」に委嘱している「奧出雲の名物おばあちゃん」こと山田文子さん(100歳)から、交通安全ボランティアの皆さんに対し、飲酒運転根絶に向けた緊急提言がなされました。

 その後、ボランティアの皆さんは、奧出雲町交通安全対策協議会が製作・配布した「ダメ!絶対!ストップ!飲酒運転」、「飲酒運転身の破滅」と書かれたステッカーを車に貼り「飲酒運転100%なくし隊」として、交通機動隊の白バイ4台先導のもと、奧出雲町内への広報啓発パトロールに出発しました。

 なくし大使

 

 パトロール