地区住民に対する参加・体験実践型の交通安全教室の実施について

 令和2年12月9日(水)、鹿足郡津和野町日原にある栄町共栄館において、高齢者の交通安全の意識を高めるため、参加・体験実践型の交通安全教室を実施しました。

 参加者に対し、交通安全アドバイザーの交通安全講話の他、歩行シミュレーターや、クイックアラーム、クイックステップを用いて、交通安全指導を実施し、教室終了時には参加者全員に反射材を配付し薄暮時や夜間の外出の際に着用するように呼びかけました。

 参加者からは、「横断歩道を渡る前だけ左右の確認をして渡っており、横断中に接近してくる車両に全く気づきませんでした。横断中も左右の確認をし、車に気をつけて渡ります。」「日没が早いので、夕方出かける時は反射材をつけて出かけます。」等といった声が聞かれ、参加した高齢者の交通安全への意識が高まりました。

 皆さんも、まだまだ日の入りが早いので、反射材を着用して出かけるようにして、事故防止に努めてください!

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー