命を守る合い言葉「いかのおすし」を再確認

 当署では、邑南町瑞穂支部の少年補導委員さんと一緒に、邑南町立瑞穂小学校の全校児童に対して、連れ去り等被害防止教室を行いました。

 命を守るための合い言葉「いかのおすし」の説明や、「もしも下校中に知らない人から声をかけられたら」というロールプレイを行いました。

 

 不審者役の少年補導委員さんが「お菓子あげるからこっちおいで」「ハンザケ記念館までの道がわかんないから車に乗って案内して」などと子供たちに声をかけると、子供たちは、大きな声で「助けて!」と叫びながら逃げ、「いかのおすし」を実行することができました。

 また、少年補導委員の会長さんから「もっとも重要なのはすぐに逃げることです。知らない人に声をかけられて『あれ?変だな』と思ったらすぐに逃げましょう。被害に遭わないことが一番です。」とメッセージが伝えられました。


子供たちは地域の宝です。みなさんも地元の子供たちの見守りをお願いいたします。

 

写真1