春の全国交通安全運動

この運動は、広く県民に交通安全思想の普及・浸透を図り、交通ルールの遵守と正しい交通マナーの実施を習慣付けるとともに、県民自身による道路交通環境の改善に向けた取組を推進することにより、交通事故防止の徹底を図ることを目的としています。

運動期間

令和3年4月6日(火)から15日(木)までの10日間

運動重点

1、子供と高齢者を始めとする歩行者の安全の確保

2、自転車の安全利用の推進(特に、「自転車安全利用五則」の遵守)

3、歩行者等の保護を始めとする安全運転意識の向上

 

実施要領等

 

○道路を安全に歩くために、歩行者の交通ルールを守りましょう。

○道路を横断するときは、横断歩道を渡るようにするとともに、左右をよく見て安全を確認しましょう。

○通学路やお散歩コースにおいて、児童が道路を安全に歩けるよう、見守りや指導を心がけ、地域全体で子供を守りましょう。

○高齢者は、明るいうちに用事をすませるなど、安全な行動を心掛けましょう。

○夕暮れ時や夜間に外出するときは、反射材や懐中電灯を活用しましょう。

 

○自転車も「車両」です!「自転車安全利用五則」を守りましょう。

○自転車に乗るときはヘルメットを着用しましょう。

○夕暮れ時から夜間に自転車に乗る際は、反射材を身につけ、早めにライトを点灯しましょう。

○運転中にスマートフォンを操作することは危険ですのでやめましょう。

○万一の自転車事故に備えて、損害賠償責任保険へ加入しましょう。

 

○高齢ドライバーは、身体機能に応じた慎重な運転に努めましょう。

○運転に不安がある場合は、家族や最寄りの警察署又は運転免許センター内にある安全運転相談窓口に相談しましょう。

○ルールとマナーを守り、子供や高齢者等に対する思いやりや、ゆずり合いの気持ちを持った運転をしましょう。

○横断歩道に近づく際には減速し、横断しようとする人がいるときは、必ず止まって歩行者を横断させましょう。

○運転中にスマートフォンの使用やカーナビ画面を注視する「ながら運転」は絶対にやめましょう。

○飲酒運転やいわゆる「あおり運転」の悪質・危険な運転を「しない」「させない」環境をつくりましょう。

○車に乗ったら。後部座席も含めて必ず全員がシートベルトを着用し、チャイルドシートを正しく着用させましょう。

○6歳以上でも、体格に応じてチャイルドシートを使用しましょう。

○飲酒するときは、お酒を飲まない人を決め、その人が飲酒した仲間を自宅まで送るハンドルキーパー運動を促進しましょう。

○職場、家庭で声をかけ合い、二日酔いによる飲酒運転をさせないようにしましょう。

 

  • 警察相談
  • 運転免許
  • 採用案内
  • 事件・事故統計
  • 落とし物
  • 犯罪被害者支援
  • 入札情報
  • 映像ライブラリ
  • 県民の皆さんからの応援メッセージ
  • 県民の皆さんへありがとう
  • 警察音楽隊
  • キッズコーナー