• 背景色 
  • 文字サイズ 

感染症対策及びエネルギー価格・物価高騰対策(農業者・林業者・漁業者)

新型コロナウイルス感染症の影響の長期化やエネルギー価格・物価高騰の対策として資金繰り支援、設備投資等支援、酪農経営緊急支援、飼料価格高騰対策及び電気料金高騰対策により農業者、林業者、漁業者の皆さまを支えます。


1資金繰り支援

新型コロナウイルス感染症及び原油価格・物価高騰対策資金


農業者の方への支援

 

漁業者の方への支援

 

 

2設備投資等支援

省エネルギー・省コスト化のための農業用ハウス、漁具等の資機材の導入支援


〇農業者の方への支援

 

ハウス等整備事業

 ※(1)農業用ハウス整備事業型(改正)(2)農業用ハウスリース型(改正)の中の「省エネ取組優先枠」が対象

 

省エネルギー化・有機質肥料活用のための資機材整備緊急対策事業(募集を終了しました)

 

林業者の方への支援(募集を終了しました)

 

漁業者の方への支援(募集を再開しました)

 

 

3飼料価格高騰対策

飼料価格の高騰による畜産経営(繁殖・酪農・養鶏農家)に対して、飼料価格と生産物販売価格の状況に応じて、飼料の購入費を支援

 

〈概要〉
  配合飼料 粗飼料
対象畜種 繁殖牛・搾乳牛・採卵鶏・肉用鶏 繁殖牛・搾乳牛
発動基準

価格に転嫁が進まず赤字(粗収入<生産費)の畜種の農家に支援を発動

※四半期毎(令和5年4月、7月、10月、令和6年1月)に発動を判断

算定方法

令和3年10月~12月の配合飼料価格安定

制度等適用後の農家負担額を基準に、これを

超える農家負担額の9割の1/2を交付単価と

して、配合飼料(自家配合を含む)の使用量

に応じて定額で交付

令和3年10月~12月の乾牧草輸入価格

(財務省統計)を基準に、これを超える輸

入価格の9割の1/2を交付単価として、輸入

粗飼料の購入量に応じて定額で交付

 

対象農家 配合飼料を500kg/月以上利用する農家 輸入粗飼料を500kg/月以上購入する農家
    令和5年4月~令和6年3月

 

【問い合わせ先】

(配合飼料)畜産課畜産基盤係 TEL0852-22-5135

(粗飼料)   畜産課畜産企画係 TEL0852-22-5113

 

4酪農経営緊急支援事業

飼料価格高騰等の影響を受ける中、酪農経営の維持を図るため、酪農家による乳質・乳量の改善に必要な取組を支援

 

〈概要〉
支援対象

生乳販売酪農家

※令和6年度以降も経営を継続する農家に限る

支援内容

乳質・乳量を改善する取組にかかった経費を支援

 

[対象となる取組]

 ・搾乳機器の検査・交換

 ・生乳保存機器の検査・交換

 ・飼料給与の見直し

 ・暑熱対策

 ・乳質検査

 ・血液検査

 ・経営コンサルティングの導入

[助成率]

 4/5(助成上限額1万円/頭)

 

支援対象期間 令和5年4月~10月

 

【問い合わせ先】畜産課畜産企画係 TEL0852-22-6826

 

5農業水利施設電気料金高騰対策

農業水利施設の維持にかかる農家の負担軽減のため、農業水利施設の電気料金を支援

 

農業水利施設を管理されている方への支援















お問い合わせ先

農林水産総務課

島根県農林水産部農林水産総務課

 〒690-8501 
   島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-5393 FAX:0852-22-5967
E-mail:nourin-somu@pref.shimane.lg.jp