• 背景色 
  • 文字サイズ 

小児のワクチン接種について

5歳から11歳の方も、新型コロナワクチンを受けられるようになりました。

接種を受けることは強制ではありません。

ワクチンを受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。保護者の方の同意なく、接種が行われることはありません。

周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な扱いをすることのないようお願いします。

 

対象者

5歳から11歳の方

特に、慢性呼吸器疾患、先天性心疾患など、重症化リスクの高い基礎疾患を有する方に、接種をおすすめしています。接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医などとよくご相談ください。

なお、日本小児科学会では、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクの高い疾患の一覧表等を公表しています。

日本小児科学会「新型コロナウイルス関連情報」はこちら(外部サイト)

 

使用するワクチン・回数・間隔

ファイザー社の小児用ワクチン

通常、3週間の間隔をあけて、合計2回接種します。

小児用新型コロナワクチンでは、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に11歳だったお子様が、2回目の接種時までに12歳の誕生日を迎えた場合、2回目接種にも小児用ワクチンを使用します。

 

接種が受けられる時期

令和4年3月から開始予定です。

具体的な時期についてはお住まいの市町村にお問い合わせください。

接種を行う時期は、同年9月30日までの予定です。

 

接種が受けられる場所

原則、住民票所在地の市町村の医療機関や接種会場で接種を受けていただきます。

詳細についてはお住まいの市町村のホームページ等でご確認ください。

 

コロナワクチンナビ(島根県内の市町村一覧ページ)(外部サイト)

 

接種を受けるには

接種を受けるには、お住まいの市町村から送付される接種券が必要です。

接種券が届きましたら、お住まいの市町村からの案内に従って接種を受けてください。

お子様の接種には、保護者の方の同意と立ち会いが必要です。

 

ワクチン接種の効果・副反応など

接種にかかる効果や副反応などについては、厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。

厚生労働省新型コロナワクチンQ&Aはこちら(外部サイト)

 

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子様と保護者の方へ)(PDF)

 

 


お問い合わせ先

感染症対策室

健康福祉部感染症対策室
TEL:0852-22-6896・6902
新型コロナワクチンに関すること
TEL:0852-22-6175・6176
MAIL:kansen2@pref.shimane.lg.jp