• 背景色 
  • 文字サイズ 

おいしい・たのしい・ためになる。みんなでつながろう、しまねの食育の輪!

  • 食材・食のまめ知識
  • レシピ
  • 活動紹介
  • 食の安全・安心

第2回大田警察署〜弁−1“絆”グランプリ〜

 

日時:平成27年6月18日(木)11時から12時

場所:大田警察署

大田警察署〜弁−1“絆”グランプリ〜の看板

 

審査の様子写真1審査の様子写真2

 

大田警察署では、昨年度から「弁−1グランプリ」を開催しておられます。

今年度、県央保健所にも「審査員を」と声をかけていただき、審査に行ってきました。

 

大田警察署員には、単身赴任者が多く、食事がどうしても偏りがち・・・とのこと。

署員の健康づくりのため、この取組を始められたそうです。

 

今年度は、『絆』をテーマに弁当づくり。いろんな『絆』がありました。

 

応募総数22作品。

審査員は、大田警察署長、各課課長、普段食事作りをしている警察署女性職員(今日は立場が逆転ですね)、警察署産業医、保健師、報道機関、保健所栄養士です。

(見学者は多数。県央保健所からは、所長以下、部長、課長、健康づくり担当まで見学させてもらいました。)

 

さて、審査です。

ずらりと並べられたお弁当。壮観です。出品されたお弁当の写真

 

思ったよりも(失礼しました)、力作揃いで選べない!?

 

彩りよく、主食・主菜・副菜のそろったお弁当あり、ボリュームたっぷり弁当あり、

ダイエット弁当なるものもありました。

 

「絆」というテーマがgood!

いろんな絆があり。これは、コメントもポイントのうちですね。

 

栄養士としては、やはりバランスがとれているかを一番のポイントにしたいところ。

甲乙つけがたいときは、絆コメントを参照。なんとか、5作品選びました。

 

審査員それぞれの審査が終わり、待つことしばし。

 

さあ、結果はいかに・・・。

 

審査結果

1位「世界の絆」弁当の写真と作者コメント

2位「安心安全☆絆弁当」の写真や作者のコメント

3位「石見銀山米弁当」の写真と作者コメント

特別賞「キッズな(絆)思い出弁当」の写真と作者コメント

受賞者の皆様です

受賞したみなさんの集合写真

今回、審査をさせていただき、驚いたり、感心したり。毎日、こんな弁当だと皆さんの健康づくりもバッチリ!

この「弁−1グランプリ」が、食を見直すきっかけとなり、皆さんの健康につながっていけばなによりと思います。

今後も、ぜひ続けていっていただきたいと思います。

(県央保健所も開催しますか、所長?)

 

《参考》第2回大田警察弁−1“絆”グランプリ2015参加募集チラシ

 

 


お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、肝炎医療費助成、ハンセン病対策、調理師・栄養士免許など)0852-22-5329
・難病支援グループ(特定疾患、小児慢性特定疾患など)0852-22-5267
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・子育て包括支援スタッフ(母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・医療保険第1グループ(国民健康保険)0852-22-5268
・医療保険第2グループ(保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5624
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp