• 背景色 
  • 文字サイズ 

しまねのがん対策

ウィッグ・補整下着の購入経費補助制度

ウィッグ・補整下着の購入経費補助制度のバナーイメージ

 

がん患者さんが、抗がん剤使用や放射線治療により脱毛した場合の医療用ウィッグや

手術により乳房切除を余儀なくされた場合の補整下着の購入経費を助成することで、就労などの社会参加を応援します。

ウィッグ・補整下着の購入経費補助制度について(チラシ)(pdf:116KB)

 

補助対象者

世帯の市民村民税(所得割課税年額)235,000円未満かつ対象経費について他の助成を受けていない

島根県に住所を有するがん患者のために、対象となる補整具を購入した者

(補助対象がん患者本人又は3親等以内の親族に限る)

※ただし申請者の数が予定を上回った場合、対象であっても助成できないことがあります。

 

補助対象経費

平成30年4月1日から平成31年3月31日に購入した下記の補整具(付属品及びケア用品を除く)の購入経費

□ウィッグ(全頭用かつらに限る。装着に必要な頭皮保護用のネットを含む。)

□補整下着等の胸部補整具

 

助成額

購入経費の2分の1(補助上限額20,000円)

 

受付期間

平成30年5月15日〜平成31年3月31日(消印有効)

※申請期限は平成31年3月31日です。

 

申請・問い合わせについて

◎必要書類◎

□島根県がん患者社会参加応援事業補助金交付申請書件実績報告書(様式第1号)

補整具(全頭かつら(装着ネットを含む)・補整下着)の領収書(写し不可)

□病名が分かる書類(写し可)

□(全頭かつらのみ)脱毛の原因となった抗がん剤を処方されたことや、放射線治療を受けたことが分かる書類(写し可)

□(補正下着のみ)補正下着が必要となった手術を受けたことが分かる書類(写し可)

□(補助対象がん患者の)世帯全員の所得及び課税額を証明する市町村長が発行する書類(写し可)

□(補助対象がん患者の)生年月日が確認できる書類(写し可)

 ※他の添付書類で生年月日が確認できる場合は省略可。

 

◎提出先(問い合わせ先)

必要書類を揃えて下記まで提出してください。

〒690-8501島根県松江市殿町1番地

島根県健康福祉部健康推進課がん対策推進室あて

電話番号:0852ー22ー6701

 

審査について

予算の範囲内で補助の決定を行うため、年4回に分けて審査を行います。

決定できなかった申請については、次回審査に繰越して、引き続き審査の対象としますが、

最終的に申請額の合計が予定額を上回った場合、

補助の対象となる申請であっても決定できない場合がありますので、ご了承ください。

 

□審査の考え方

補助対象がん患者の方の年齢(補助対象となる補整具を購入した日現在・複数回に分けて購入した場合は、最終購入日とします)の順に決定します。

ただし、(3)65歳以上に該当する方については、世帯所得も考慮して審査を行います。

(1)39歳以下

(2)40歳以上64歳以下

(3)65歳以上

 

□H30年度審査スケジュール

【第1回・8月頃】【第2回・11月頃】【第3回・2月頃】【第4回・4月頃】

 

様式等ダウンロード

お問い合わせ先

健康推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務所は松江市殿町2番地 島根県庁第2分庁舎3階にあります)
・疾病療養支援グループ(被爆者対策、ハンセン病対策、育成医療、肝炎医療費助成など)0852-22-5329
・母子難病支援グループ(特定疾患、小児慢性特定疾患、母子保健、不妊治療費助成など)0852-22-6130
・健康増進グループ(食育、歯科保健、生活習慣病予防、たばこ対策、健康増進など)0852-22-5255
・医療保険グループ(国民健康保険、保険医療機関及び保険薬局の指導など)0852-22-5270
・がん対策推進室(がん対策の推進及び総合調整)0852-22-5060 / 0852-22-6701
FAX 0852-22-6328
Eメール kenkosuishin@pref.shimane.lg.jp