• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県医療機能情報システム関連情報

島根県医療機能情報システム用語集(随時追加中)

 島根県医療機能情報システムは、医療機能情報提供制度及び薬局機能情報提供制度に基づいて、医療提供施設(病院、診療所、助産所、薬局)の開設者がその施設の機能情報を報告し、県民の皆さんへ提供するシステムです。

  • 医療機能情報提供制度
    医療法第6条の3の規定に基づき、医療機関(病院、診療所、歯科診療所、助産所)の機能に関する情報を住民・患者に対し分かりやすい形で提供することにより、住民・患者による薬局の適切な選択を支援することを目的に導入された制度です。

  • 開設者(病院、診療所、助産所の開設者)
    医療法上の手続きを行って医療機関を開設(設置)した者をいいます。
    個人や法人、保健関係団体、国、地方公共団体などです。

 

  • 管理者(病院、診療所、助産所の管理者)
    医療法上の開設における管理者で、医師、歯科医師、助産師等資格者でなければなりません。
    その医療機関の管理や運営について、医療法上で責任を負う者をいいます。

 

 

 

  • 助産所
    助産師が公衆又は特定多数人のためその業務(病院又は診療所において行うものを除く。)を行う場所をいいます。(医療法第2条)
  • 診療所
    医師叉は歯科医師が、公衆叉は特定多数人のため医業叉は歯科医業を行う場所であって、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものをいいます。(医療法第1条の5)
  • 診療科目(病院、診療所、歯科診療所)

     医療法第6条の6に基づいて標榜する診療科目です。

  • 診療日・診療時間
    医療機関が診療を行っている日・時間帯(助産所の場合は就業している日・時間帯)を指します。このシステムでは曜日別に表示しています。
    基本となる診療時間を表示していますが、登録されている情報が変更されたり休診になることもありますから、受診される際には、事前に電話等で確認してください。

  • 指定自立支援医療機関(更正医療)(育成医療)(精神通院医療)
    障害者自立支援法により自立支援医療を行う医療機関として、都道府県知事又は政令指定都市の市長が指定した医療機関です。

    更生医療とは、身体障がい者の障がいを軽減し日常生活能力や職業能力を回復したり改善するために必要な治療(手術等)を行った場合に、その医療費を公費で負担する制度のことをいいます。
    育成医療とは、身体に障がいがある児童が身体上の障害を軽くして、日常生活を容易にするための治療(手術等)を受けた場合に、その医療費を公費で負担する制度のことをいいます。
    精神通院医療とは、精神障がい者が通院して精神疾患の治療を受けた場合に、その医療費を公費で負担する制度のことをいいます。

  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
    身体障害者福祉法により、知事の指定を受けた医師を配置する医療機関です。身体障害者手帳を取得するために必要な医師の診断書を作成してもらうことができます。

  • 精神保健福祉法に基づく指定病院又は応急入院指定病院
    指定病院とは、都道府県が設置する精神科病院に代わる施設として指定を受けた精神科病院のことです。また、応急入院指定病院とは、応急入院(※)を行うことが認められる精神科病院として都道府県知事又は政令指定都市の市長が指定する精神科病院のことをいいます。
    ※その精神障がい者の方を直ぐに入院させないと、医療及び保護を図る上で著しく支障があり、他の方法で入院してもらうことができないとき、本人の同意がなくても72時間まで入院させる制度(精神保健指定医の診察を経ることが条件)があります。これを「応急入院」といいます。

 

 

 

  • 病院
    医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であって、20人以上の患者を入院させるための施設を有するものをいいます。(医療法第1条の5)
  • 病床種別及び届出又は許可病床数(病院、有床診療所)

     医療法第7条第2項の規定に基づき許可を受けた又は届け出た総病床数及び病床種別病床数

     (一般病床数、療養病床数、精神病床数、感染症病床数、結核病床数)
    病床数:医療機関に患者の方が入院するためのベッド数をいいます。

  • 保険医療機関
    健康保険法(大正11年法律第70号)により指定を受けた医療機関です。【窓口は社会保険事務局】
    この医療機関を受診された場合は、保険適用となる診療等について医療保険の給付を受けることができます。この場合、患者さんが窓口で支払う金額は、年齢や所得に応じて治療費の1割から3割となります(高額医療費の支給対象となったり、医療費に公的な助成がある場合などは、負担割合が変わる場合があります。)

 

  • 薬局
    薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所(病院又は診療所等の調剤所を除く。)をいいます。(薬事法第2条)

  • 老人保健法(昭和57年法律第80号)第6条に規定する医療保険各法及び同法に基づく療養等の給付の対象とならない医療並びに公費負担医療を行わない医療機関
    保険医療機関でない医療機関のことをいいます。(自由診療のみを行う医療機関です)
    この医療機関を受診された場合は、その診療等について医療保険の適用を受けることができませんので、医療費は全額自己負担となります。

 

  • 労災保険指定医療機関
    労働者災害補償保険法(昭和22年法律第50号)により、「療養の給付」を行う医療機関として、都道府県労働局長が指定した医療機関です。【窓口は島根労働局】

 


 


お問い合わせ先

医療政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県健康福祉部 医療政策課
TEL0852-22-6698(医事グループ)
   0852-22-6277(看護職員確保グループ)
   0852-22-6276(地域医療支援第一グループ)
  0852-22-6629(地域医療支援第二グループ)
   0852-22-5251(医師確保対策室)
FAX0852-22-6040
iryou@pref.shimane.lg.jp