現在実施中の調査研究

  • 牛の子宮および卵巣に関する研究(北里大学、鳥取大学および県立広島大学との共同研究)

 細菌感染が卵巣内の卵胞機能に与える影響について、牛の生体材料を用いて生化学的手法により解析・評価を行う。


  • 食肉中の残留抗生物質簡易法に使用するBacillussubtilis及びBacilluscereusにおける迅速な芽胞形成法の検討(続報)

培養温度や培地調整の工夫により、対象菌について可能な限り短期間での芽胞形成を目指す。


  • 食肉中の残留抗生物質簡易法における微量試験溶液採取法の検討

試料に溶媒を加えない、又は出来るだけ少量の溶媒を加えて試験溶液を作成することにより、従来の通知法に比べて抗生物質の検出感度の向上を目指す。

お問い合わせ先

食肉衛生検査所

〒699-2212 島根県大田市朝山町仙山1677-2
TEL (0854) 85-8011
FAX (0854) 85-8012
syoku-ken@pref.shimane.lg.jp
企業広告
ページの先頭へ戻る