• 背景色 
  • 文字サイズ 

2015年度「スノーシューで雪の森を歩こう」開催しました

 

県民の森トップページへのリンク画像|県民の森の概要ページへのリンク画像|登山マップのトップページへのリンク画像|ふれあい講座ページトップへのリンク画像|ふれあい講座レポートページトップへのリンク画像|アクセスページトップへのリンク画像

 

県民の森ふれあい講座の画像

指谷山登山道での画像

【講座名】「スノーシューで雪の森を歩こう」

【開催日】平成28年2月27日(土)

【開催場所】もりのすから指谷山まで往復

【参加者】10名

 

講座レポート

今冬は昨年よりさらに雪が降らず、当日は雨の予報もありキャンセルも多かったのですが、

山の中ではなんとか雨にあうこともなく、無事に開催することができました。

ご参加いただいた皆さまお疲れさまでした。

少しですが、当日の様子をご紹介します。

 

木工室前の画像芝生広場の画像

木工室に集合し、もりのすさん前の芝生広場から進みました。9時に出発しました。

足元はあまりはまることがなく、しばらく靴で歩かれた方も多かったです。

 

林道を15分ほど歩き造林地入口へ…このあたりでスノーシューをはかれたかたもいらっしゃいました。

造林地入口の画像

 

造林地は、1月末のドカ雪でかなり倒木があり、下見の際に道をふさぐ倒木処理をしました。

造林地入口付近の倒木処理前の画像造林地入口付近の倒木処理後の画像

造林地の倒木処理前の画像造林地の倒木処理後の画像

↑尾根に出る手前のあたりです。

 

造林地を抜けた分岐の画像登山道の様子

造林地入口から10分程で土打線との分岐に出ました。風が冷たかったです。

 

ベンチ前で休憩の画像

20分程歩き、体が大分あつくなってきまして、ベンチの場所で休憩しました。

 

雪景色の画像

さらにジグザグと登山道が続きます。昨年より雪が少なかったです。

木地屋谷ルートの画像

 

雪道の様子

昨年はもっと積雪も多かったので、まっすぐ歩くこともできたのですが、

今年は雪が少なく木の枝などにひかかることもあるかもしれませんでしたので、登山道を進みました。

 

展望台まで400m付近の画像

10時15分、木地屋谷展望台まで0.4kmの地点まできました。ここに雪だるまが…

下見時に作った雪だるまの画像

下見の際にスタッフが作ったもののようです…。

ソーセージを埋めていたようで、大事そうに?掘っていました。

新雪もあまり多くなかったようです。

 

木地屋谷展望台までもう少しの画像

展望台までもう少しです。

木地屋谷展望台の画像

10時30分、木地屋谷展望台へ着きました。

 

さらに指谷山へ…

指谷山へ進む画像

昨年はこのあたりは雪庇がみられたのですが、今年は雪がだいぶん少なかったです。

展望台方面を振り返った画像

風がかなり冷たく、顔に氷のつぶがぷつぷつ当たるようで痛かったです。

ミニ雪庇で記念写真をとる様子

 

指谷山の山頂の画像

10時50分、指谷山へ着きました。

風が冷たく、天気も心配でしたのでお弁当は木工室へ下りてから食べることにしました。

指谷奥の画像

指谷奥がみえます

神之瀬湖の画像

 

下山の様子分岐まで下りてきたときの画像

下山は皆さん、どんどん下りられました。30分で、土打線の分岐まで下りました。

このあたりから雪がちらちら降り始め、造林地を出た頃に雨に変わりました。

12時には木工室につき、なんとか雨に本格的に降られる前に下りることができ、ほっとしました。

 

ストーブのある木工室で皆さんで昼食を食べました。

 


お問い合わせ先

中山間地域研究センター

島根県中山間地域研究センター
〒690-3405 島根県飯石郡飯南町上来島1207
TEL:0854-76-2025 FAX:0854-76-3758
Mail:chusankan@pref.shimane.lg.jp