• 背景色 
  • 文字サイズ 

「企業を成長に導く女性活躍促進セミナー」(国立女性教育会館主催)

 企業における女性の活躍推進を図り、男女共同参画社会の形成に資するため、独立行政法人国立女性教育会館主催で、企業におけるダイバーシティ(女性の活躍促進)の推進者、管理職、リーダーを対象に実施されます。

 基調講演、パネルディスカッションを通して、参加者の直面する疑問や課題に向き合い解決の方向を探ります。

 今年度はオンラインで開催され、概要は書きのとおりです。

 受講には事前申し込みが必要です。

 

詳細は、独立行政法人国立女性教育会館ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

 

1.テーマ:「持続可能な組織を創る女性リーダーの育成」

 新型コロナウィルスの感染拡大や少子高齢化など、先が不透明な現代において、企業では「持続可能性」がますます重要になってきています。思わぬリスクに直面し、乗り越えなければならないとき、組織としての柔軟な対応が求められ、それにはダイバーシティ環境の構築を欠かすことはできません。未だSDGs「ゴール5:ジェンダー平等」が課題となっている現状を打破し、今こそ女性リーダーを育成する、これからのマネジメントを様々な視点から考えていきます。

 

2.実施方法及び日時
(1)配信日令和2年10月29日(木)13:00~16:00

(2)方法「Zoom」又は「YouTube」ライブによるオンライン配信
※「YouTube」の場合、質問はできません。
※インターネットに接続できるパソコン環境(タブレット、モバイル端末も可。モバイル端末の場合はZoomアプリをインストールしてください)が必要です。また、通信料は御自身の負担となります。

 

3.対象及び定員

 企業におけるダイバーシティ(女性の活躍促進)の推進者、管理職及びリーダー100名
※先着順。定員を超えた場合は、視聴限定(YouTube)の参加を御案内します。
※官公庁、独立行政法人等の方も参加可能です。

 

4.内容
(1)基調講演「混ぜると強くなる?困難な時代を乗り越える企業戦略~」13:00~14:10

不確実性の増す現代、企業の成長を実現するカギは、リスクに柔軟に対応できる組織作りにあります。組織の持続可能性を高める生産的なマネジメントとはどのようなものでしょうか。女性活躍を進める意義、またこれからの組織やリーダーのあり方についてお話しいただきます。

講師:出口治明(立命館アジア太平洋大学学長、学校法人立命館副総長・理事)

(2)パネルディスカッション「“女性リーダー”の育成と組織にもたらす効果」14:30~16:00

「202030」・・・17年前、「社会のあらゆる分野で指導的地位の女性比率を2020年までに少なくとも30%にする」と国が定めた目標は、企業において達成からはるかに遠いままに今日を迎えました。“女性リーダー”の育成を阻む要因は何か、どのように取り組めばよいのか、そしてその先に見えてくる将来像とは…?実践現場からの報告に精緻な分析を交えながら、その実現の方策とメリットについて考えます。

パネリスト:小坂佳子(読売新聞「OTEKOMACHI」「発言小町」編集長/生活部次長)
パネリスト:隈扶三郎(株式会社西部技研代表取締役)
コーディネーター:山口慎太郎(東京大学経済学部・政策評価研究教育センター教授)


お問い合わせ先

女性活躍推進課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県政策企画局女性活躍推進課
(事務室は、本庁舎西側会議棟1階にあります)
TEL 0852-22-5629
FAX 0852-22-6155
josei-katsuyaku@pref.shimane.lg.jp