• 背景色 
  • 文字サイズ 

県立都市公園内における無人航空機等の飛行に係る取扱い

 島根県では、都市公園利用者の皆様の安全対策として、県立都市公園(浜山公園、石見海浜公園、万葉公園。)内における無人航空機等の飛行について、概ね以下のように取扱うこととしますので、公園を利用される皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

Q1.県立都市公園に無人航空機等を持ち込んでも良いのでしょうか

 島根県都市公園条例(以下「条例」という。)第2条では『危険物の持ち込み』を禁止していますが、現時点では無人航空機自体を危険物と想定していませんので、持ち込むことは差し支えありません。

 

Q2.無人航空機等の使用に関するルールはありますか

 無人航空機等の使用に関しては国土交通省によりルールが定められています。以下のリンクよりご覧ください。

国土交通省ウェブサイト(外部サイト)

 

Q3.航空法で規制される場所や空域がある島根県立都市公園はありますか

 県立都市公園内の以下の空域でドローンなどの飛翔体を操縦する際には、事前に国土交通省の許可が必要です。

1.浜山公園及び石見海浜公園においては、重量に関わらず、地表又は水面から150m以上の空域

2.万葉公園においては、重量に関わらず、石見空港の制限表面(水平表面及び転移表面)以上の空域

 →石見空港周辺でのドローンなどの使用の可否や必要な手続きの詳細は、石見空港管理所ホームページの「石見空港周辺でのドローン使用について」を参照ください。

 

Q4.無人航空機等を飛行させてはならないのはどのようなときですか

 イベントや遠足、スポーツ競技大会開催時など、他の都市公園利用者が多く、安全が確保できないと判断されるときは、無人航空機等の飛行を中止してください。

 なお、夜間(「日の入り」から「日の出」までの間)は、無人航空機等の確認が難しくなる状況が想定されますので、原則として飛行を禁止します。(航空法でも規制されています)

 また、自己の判断で支障はないとして無人航空機等を飛行させておられても、公園指定管理者が危険と判断し、飛行の中止を要請したときは直ちに飛行を中止してください。

 

Q5.飛行の中止を要請されても中止しなかったときはどうなりますか

 公園指定管理者や所管県土整備事務所による中止要請にもかかわらず飛行を中止しないなど、他の公園利用者の安全を著しく害する行為と判断したときは警察への通報等を行うことがあります。

 また、国土交通大臣の許可を得ずに、航空法等で規制されている場所や空域で無人航空機を飛行させている場合は、直ちに警察等に通報します。

 

Q6.イベント等開催時に無人航空機等を飛行させることはできますか

 イベント等開催時に無人航空機等を飛行させることはできません。

 ただし、イベント主催者が無人航空機等を飛行させたい場合は、個別に国土交通大臣の許可の状況や飛行計画の確認、傷害保険契約の加入状況、参加者等への飛行周知を行うこと等を必須要件とし認める場合があります。

 

Q7.県の取扱いが変更となることがありますか。

 法令改正等による規制や国の公園管理部署(国土交通省)から取扱いが示されるなどしたときは、県条例の改正も含め取扱いを変更することがあります。

 

 これ以外に不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

 マナーを守り、安全な都市公園利用をお願いします。

 

問い合わせ先
施設名 連絡先
浜山公園

(浜山体育館内)

特定非営利活動法人出雲スポーツ振興21

電話(0853)53-4533

石見海浜公園

(公園管理センター内)

株式会社ISP

電話(0855)28-3600

万葉公園

(公園管理センター内)

大畑建設株式会社

電話(0856)22-2133

(都市公園全般)

島根県土木部都市計画課

管理グループ

電話(0852)22-5210

 


お問い合わせ先

都市計画課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
TEL:0852-22-5210
FAX:0852-22-6004
toshikei@pref.shimane.lg.jp