• 背景色 
  • 文字サイズ 

萩・石見空港開港25周年記念式典

 

萩・石見空港は、平成30年7月2日で開港25周年を迎えました。

開港25周年を記念し、平成30年7月1日(日)に、ターミナルビル1階の搭乗ロビーで記念式典が行われました。

 

 

 

主催者、来賓の皆様の参列の様子

 

記念式典には、主催者である島根県の副知事を始め、多数の来賓の方々に出席していただきました。

 

 

萩・石見空港マラソンキャラクター空runちゃん、津和野町イメージアップキャラクターつわみんの写真萩市キャラクター忠義の猫萩にゃんの写真島根県芸術文化センターグラントワオリジナルマスコットキャラクターオロチくんの写真

 

ゆるキャラたちも、記念式典に駆けつけてくれました。

 

左の写真から紹介しますと・・・

ちょっと後ろに隠れてしまっていますが、萩・石見空港マラソンキャラクターの「空runちゃん」、その前でばっちりポーズを決めているのが津和野町イメージアップキャラクターの「つわみん」、司会席の隣でしっかりと会場を護衛をしている萩市のキャラクター「忠義の猫萩にゃん」、小さなお子様たちにはちょっと怖がられていた、島根県芸術文化センターグラントワのオリジナルマスコットキャラクター「オロチくん」です。

 

 

島根県副知事藤原孝行の挨拶の様子全日本空輸上席執行役員関西支社長新居裕子様のご祝辞の様子益田市長山本浩章様のご祝辞の様子

 

記念式典では島根県副知藤原孝行、全日本空輸株式会社上席執行役員関西支社新居裕子様、益田市山本浩章様からご挨拶並びにご祝辞を

いただきました。

 

 

鏡開きの様子1鏡開きの様子2

 

続いて、鏡開きが行われました。法被を着用していただき、木槌を持って準備万端です。

 

 

鏡開きの瞬間の様子

 

「ヨイショッ!!」

 

 

鏡開き後の様子鏡開き後の様子2

 

なんと酒樽の中から出てきたのは、萩・石見空港周辺市町のお菓子の詰め合わせでした。

 

 

園児合唱の様子1園児合唱の様子2

 

続いて、高津保育園と緑ヶ丘保育所の年長さんたち34名による合同合唱が行われました。

曲は、空港敷地内で養蜂を行っていることにちなんだ童謡「ぶんぶんぶん」とAKB48の「365日の紙飛行機」でした。

園児の皆さんがとても大きな声で上手に歌い、会場はとても和やかな雰囲気に包まれました(´ω`)

 

 

石見神楽の恵比寿の舞1石見神楽の恵比寿の舞2

 

式典終了後、石見神楽の恵比寿の舞が披露されました。今回は大国主命も一緒に舞われ、絢爛豪華な舞となりました。

 

 

石見神楽の恵比寿の舞3石見神楽の恵比寿の舞4

 

なんΣ(゚Д゚)!?恵比寿様が釣り上げたのは「萩・石見空港開港25周年」と書かれた掛け軸でした。

当然、大きな鯛もしっかりと釣り上げましたヽ(^∀^)丿

 

 

到着客のお出迎えの様子1到着客のお出迎えの様子2到着客のお出迎えの様子3

 

いよいよ羽田便が到着し、搭乗されていたお客様がロビーに到着しました。

石見神楽の楽の音や、ゆるキャラたちが到着ロビーを盛り上げる中、鏡開きで出てきたお菓子の詰め合わせや記念品を、出席された来賓の皆様が

到着されたお客様に手渡されました。

 

 

 

 

萩・石見空港は地元及び周辺自治体、航空会社、関係機関の皆様、そしてなにより飛行機を利用してくださるお客様のおかげをもちまして、無事25周年を迎えることができました。

次は30周年を迎えることができますよう、引き続き空港施設の安全な運用に努めて参りたいと思いますので、ご協力の程何とぞよろしくお願いいたします。

 

 

式典準備前の打ち合わせ会場設営の様子記念品づくりの様子

 

お忙しい中、準備をしていただいた皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました<m(__)m>

 


お問い合わせ先

益田県土整備事務所

〒698-0007
島根県益田市昭和町13-1(益田合同庁舎4階)
電話 0856-31-9633
FAX  0856-31-9701
メール masuda-kendo@pref.shimane.lg.jp