• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県の港湾整備計画

島根県管理港湾全体の整備基本方針

島根県は全国有数の約1,000km強の海岸線を有し、その海岸線に沿って3港(境港を除く)の重要港湾と15港の地方港湾を管理している。

島根県では、三つの整備方針のもと、各々の港の特性に応じた施設整備を進めていく。加えて、適切な維持管理を行い、施設の長寿命化に努め港湾利用者の安全性、利便性を確保する。


島根県港湾整備方針

方針

対象港湾名

 

1)内外貿の『物流拠点港とその補完港』整備

 

【物流拠点港】(外貿、内貿)

 

【補完港】(内貿)

 

 

 

 

 

 

 浜田港

 

 三隅港江津港河下港

 安来港松江港

西郷港、境港)

 

 

2)国境離島住民の生活基盤である『離島の港』整備

 

 西郷港別府港来居港

 重栖港知々井港御波港

 

3)地域が安定して暮らせる『まちの港』の維持

 

 七類港田儀港久手港

 宅野港温泉津港益田港

 

3つの整備方針の図

 

内外貿易の『物流拠点港とその補完港』整備

 海上輸送は、一度に大量の貨物を長距離運ぶことが可能であり、他の輸送手段に比べて輸送コストが安価となり、県内や周辺地域の経済活動を支える重要な役割を担っている。

 県管理の港湾において、国際物流を有し、国内物流の要となる浜田港を物流拠点港とし、港湾背後に企業を有する港を物流拠点港の補完港と位置付ける。

 これらの港湾において、効率的で安全性・信頼性が高い物流を可能とすることを主眼に施設を整備し、産業活動の発展を支援する。

 また、浜田港、河下港、西郷港では、災害時の物資輸送拠点として耐震強化岸壁を整備し、災害に強い港湾を構築する。

 

物流拠点港とその補完港

国境離島住民の生活基盤である『離島の港』整備

 隠岐諸島は有人国境離島として重要な役割を担っており、住民生活において離島航路の発着港やその他の港は、物流や人流を支える主要な社会基盤である。

これらの港湾において、離島航路の就航率向上や効率的な物流など、安定的な輸送ネットワークを構築することを主眼に施設を整備し、島民の安全安心を確保する。

離島の港

地域が安定して暮らせる『まちの港』の維持

 地場産業を支える港である七類港、田儀港、温泉津港や沿岸漁業基地として日常生活を支える港である久手港、宅野港、益田港では、安全な出入港や係留が可能となるよう努める。


お問い合わせ先

港湾空港課

〒690-0887 島根県松江市殿町8番地(県庁南庁舎)
0852-22-5201
0852-31-6247(FAX)
kouwankuukouka-kanrisya@pref.shimane.lg.jp