• 背景色 
  • 文字サイズ 

新型コロナウイルスに関する情報(動物関係)

このページでは、動物を飼育されている方や、動物を取り扱う事業者の方向けに、新型コロナウイルスに関する情報を掲載しています。

狂犬病予防注射の接種時期の延期について(令和2年12月31日まで)

  • 狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主は4月1日から6月30日までの間に年1回の狂犬病予防注射をその犬に受けさせなければなりません。
  • また、狂犬病予防注射を受けていない又は受けたかどうか明らかでない犬を所有した場合は、その犬を所有するに至った日から30日以内に狂犬病予防注射を受けさせなければなりません。
  • 令和2年6月11日に狂犬病予防法施行規則の一部が改正され、新型コロナウイルス感染症の発生又はまん延の影響によるやむを得ない事情により、上記期間内に狂犬病予防注射を受けさせることができなかった犬の飼い主については、令和2年12月31日までに狂犬病予防注射を受けさせればよいこととなりました。
  • 今回の改正は、新型コロナウイルス感染症の発生を踏まえた特例措置であり、狂犬病予防注射の接種自体を不要とするものではありません。
  • 犬の飼い主の皆様は、やむを得ない事情がなくなった後は、速やかに犬に狂犬病予防注射を受けさせるようお願いします。

【参考情報】犬の登録と狂犬病予防注射

動物を飼育する方向けQ&A

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症に関して動物を飼育する方向けQ&Aを作成し、公開しています。

詳しくは、以下の厚生労働省ホームページからご覧ください。

〇厚生労働省ホームページ「動物を飼育する方向けQ&A」(外部サイト)

 

新型コロナウイルス感染者が飼育するペットの預かり

飼い主の病気などで一時的にペットを預けないといけない場合については、災害時と同様、日頃より万一に備えて家族や知人などの預かり先を飼い主ご自身で検討していただくことが必要です。

しかし、新型コロナウイルスの感染者については、準備する間もなく長期間の入院や隔離措置等が求められることがあります。

民間企業や地方獣医師会等において、ペットの預かりに関する飼い主向け又は事業者向けの情報を発信していますので、関係者の皆様はこれらの情報を積極的に入手していただき、万一の場合に備えていただくようお願いします。

  • 民間の預かりについての情報(令和2年4月17日付け環境省事務連絡より)

アニコムホールディングス株式会社
「#StayAnicom」プロジェクト(外部サイト)

  • 事業者等において預かりをする際の情報(令和2年4月17日付け環境省事務連絡より)

東京都獣医師会

「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために
知っておきたいこと」(外部サイト)

  • ペットを預ける準備のポイント

東京都獣医師会

「新型コロナウイルス感染症にかかってしまう前に済ませておくべきペットを預ける準備のポイント」(外部サイト)

また環境省のホームページでも、ペットを飼っている皆さまに向けた情報やチラシを掲載していますので、こちらもご覧ください。

環境省チラシ「ペットを飼っている皆さまへ-新型コロナウイルスへの対応-」(外部サイト)

 

動物取扱事業者の方向けの情報

環境省では、動物を飼育される方向けの情報のほか、動物を取り扱う事業者の方向けの情報を公開しています。

詳しくは、以下の環境省ホームページをご参照ください。

〇環境省ホームページ「新型コロナウイルス関連情報」(外部サイト)

 

また、島根県のホームページにおいて、県内企業・事業者向けの情報を公開しています。

詳しくは、以下のページをご参照ください。

〇島根県ホームページ「県内企業・事業者のみなさまへ」


お問い合わせ先

薬事衛生課

島根県健康福祉部薬事衛生課
〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
(事務室は、本庁舎西側会議棟1階にあります)
TEL:0852-22-5260(水道グループ)
     0852-22-5259(薬事・営業指導グループ)
     0852-22-6313(食品衛生グループ)
FAX:0852-22-6041
yakuji@pref.shimane.lg.jp