• 背景色 
  • 文字サイズ 

動物愛護イベント情報

愛護棟

動物愛護啓発展を開催しました

令和元年度動物愛護週間事業として、県内動物愛護団体や動物愛護棟ボランティアの方々と共同で「動物愛護啓発展」を開催しました。

動物愛護思想の普及、啓発を図るとともに、犬猫の適正飼育について正しい知識を広く知っていただくことを目的として行いました。

 

○日時:令和元年9月20日(金)から27日(金)

○場所:ゆめタウン出雲2階連絡通路(出雲市大塚町650-1)

○内容:パネル展示、啓発チラシと迷子札の配布

 ・島根県の犬猫データ

 ・犬猫の適正飼育(終生飼育、所有者明示、不妊去勢手術、犬の登録注射、猫の室内飼育、無責任な餌やり防止等)

 ・地域猫活動事業とは?

 ・県内愛護団体による愛護啓発展

 

アンケート結果

・大型商業施設の連絡通路にて展示を行ったことから、多くの方に見ていただくことができ、アンケートを実施してところ

 646枚(男性127、女性519)集まりました。

・殺処分の減少のための対策として多かった意見は、やはり「飼い主が責任をもって最後まで飼う」や、「不妊去勢手術の徹底、義務化(条例で)、補助」でした。

 又、「保護する一方で捨てる人が多い。捨てる人の罰則をきびしくして欲しい」等の意見もありました。

自由意見から一部ご紹介します。

・こういうイベントは素晴らしいと思う。もっといろいろな場所でやって、ペットの命を大切に思う気持ちを、子供たちに養ってほしい。

・動物を飼う前にもっと色々な事を知るべきと思った。

・本当の動物がいたら、もっと人の目にとまると思います。

・初めて知ったこともたくさんあり、ためになりました。

・ペットショップ業者への規制。簡単に売り買いできなくする。

・これをもっとテレビなどでも放送して欲しい。

・野良猫への餌やりをしている人間への注意、指導をちゃんとして欲しい。

・保護団体様、いろいろ大変でしょうが頑張ってください。応援しています!

 その他、沢山のご意見をいただきました。

 まとめ

・イベントは、3連休を含んだ8日間と比較的長く展示を行ったことから、沢山の方に来場いただき、ご意見、ご感想をいただくことがきました。ありがとうございました。

・皆様からいただいたご意見を踏まえて、今後より充実した動物愛護週間事業となるよう企画、実施し、動物愛護思想を広く啓発していきたいと思います。

 

 写真

動物愛護週間写真2動物愛護週間写真3

 

動物愛護写真4動物愛護週間写真4

 

 

 


お問い合わせ先

出雲保健所

〒693-0021 島根県出雲市塩冶町223-1
       
             島根県出雲保健所

   TEL :0853-21-1190
   FAX :0853-21-7428
   E-mail:izumo-hc@pref.shimane.lg.jp