令和元年度ラムサール条約湿地中海・宍道湖一斉清掃

6月の環境月間にあわせ、中海・宍道湖沿岸5市で、一斉清掃を実施しました

 

島根県・鳥取県及び関係自治体並びに地元住民等の協働による中海・宍道湖沿岸の一斉清掃を6月9日(日)に実施しました。
実施結果(参加人数・ゴミ収集量)は下記のとおりでした。

実施結果

 

1.全体結果

(1)実施日:令和元年6月9日(日)

(2)参加者数:6,665人

(3)ゴミ収集量:12.07t

※詳細は以下のとおりです

各会場の実績(参加人数、ゴミ収集量)

主な場所及び時間

参加人数

(人)

ゴミ収集量(t)

中海

境港市

西工業団地(8:40~9:40)

 

468

0.12

米子市

湊山公園親水護岸(8:30~9:45)

1,163

2.5

安来市

安来港、十神山公園周辺及びその他湖岸等(8:00~10:00)

978

0.42

松江市

八束区域〈大海崎堤防道路北側沿岸周辺〉、東出雲区域〈意東海岸周辺〉、美保関区域〈森山堤防沿岸〉(7:30~8:30)

本庄区域〈本庄水辺の楽校周辺〉(8:30~10:00)

※開始式(セレモニー)会場

554

2.1

宍道湖

千鳥南公園、白潟公園から県立美術館・夕日スポットまでの湖岸周辺、宍道区域〈昭和新田、昭和、白石ほか各自治会地区内〉(7:30~8:30)
玉湯区域〈湯町東灘、湯町西灘、柳井灘、布志名灘、本郷灘周辺〉(6:00~7:00)

2,972

6.16

出雲市

湖遊館(8:00~9:00)

宍道湖西岸なぎさ公園、斐川なぎさ公園、新建川周辺(7:00~8:00)

530

0.77

合計

6,665

12.07


 


2.実施概要

(1)目的

 ラムサール条約の趣旨である「環境の保全」と「賢明な利用(ワイズユース)」に対する地域住民の意識の高揚を図る。

(2)主催

 島根県、鳥取県、境港市、米子市、安来市、松江市、出雲市、国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所、中海・宍道湖・大山圏域市長会、宍道湖水環境改善協議会

(3)協賛

 中海漁業協同組合、宍道湖漁業協同組合、鳥取県漁業協同組合境港支所、米子市漁業協同組合

(4)後援

 農林水産省中国四国農政局

3.開始式

(1)日時

 令和元年6月9日(日)午前8時30分から10時(清掃活動を含む)

(2)場所

 本庄水辺の楽校(島根県松江市)

(3)出席者

 松江市副市長、国土交通省中国地方整備局出雲河川事務所総括保全対策官、鳥取県生活環境部長、島根県環境生活部長、地元住民等

(4)来賓

 門脇勉様(本庄地区町内会連合会会長)

 立石仁司様(アサヒビール株式会社山陰支社長)

 真鍋和彦様(日本海テレビジョン放送株式会社代表取締役社長)

(5)内容

 ア.主催者あいさつ(松江市副市長)

 イ.来賓紹介

 ウ.清掃活動

開始式の様子松江市副市長あいさつ

本庄水辺の楽校周辺にて一斉清掃開始式を開催し、主催者を代表して能海松江市副市長があいさつしました。

本庄水辺の楽校周辺の清掃の様子その1本庄水辺の楽校周辺の清掃の様子その2

多くのみなさまに清掃活動に参加していただきました。

一斉清掃へご協力いただき、ありがとうございました。

お問い合わせ先

環境政策課宍道湖・中海対策推進室

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:0852-22-6445
企業広告
ページの先頭へ戻る