• 背景色 
  • 文字サイズ 

益田市立中西小学校

 

 

中西小学校の4年生の児童が、益田地区広域クリーンセンター(益田市多田町)、益田市リサイクルプラザ(益田市下波田町)、有限会社金田商店(益田市昭和町)の見学とアドバイザー授業を受けました。

 

 

◇7月8日(水)益田地区広域クリーンセンターの見学

益田地区広域クリーンセンターは、地下1階地上4階建。平成19年9月30日に建設されました。

益田市、津和野町、吉賀町のごみが搬入され、最大で1日62トンのごみを処理できます。


制御室を窓越しに見る児童 ごみピットを窓越しに覗く児童 メモをとる児童

【児童の感想】

・益田市の燃えるごみは1日に何十トンも出ているので、少しずつでも減らしていかないと、と思いました。

・ごみクレーンがごみピットから沢山ごみを運ぶのを見て、ごみを減らさないといけないなと感じました。

・ごみを燃やした後の灰を「スラグ」にして道路に使うなど、いろいろなものにリサイクルができてすごいと思いました。

・昔よりごみが増えていると分かったので、私は、自分からごみを減らすように心がけたり、他の人にも呼びかけたりして、これ以上ごみの量が増えないように気をつけたいです。

 

 

◇益田市リサイクルプラザの見学

益田市リサイクルプラザには、『工場棟』と『啓発棟』があります。

『工場棟』では、益田市内で収集されたごみのうち、もう一度使える資源をより細かく分別しています。

『啓発棟』には、体験工房、再生品修理室、啓発・展示コーナー等を備えて、学習と体験の場となっています。


担当者の話を椅子に座って聞く児童 担当者の話を聞く児童

【児童の感想】

・リサイクルプラザでは4種類のごみを集めていて、ビンの色や、ビンが汚れているかどうかで分けているなど、たくさんの工夫がありました。

・石油がプラスチックになることを知って、すごくびっくりしました。

・プラスチックは「ペレット」にして、プランターなど別のものにリサイクルできると分かってすごいと思いました。

・ごみの分別は手作業ですると聞いて、大変な仕事だなと思いました。だから、私も分別をちきんとしたいと思いました。

・私は、ごみと思ったらすぐに捨ててしまうので、まだ使えそうなら使おうと改めて思いました。

 

 

◇有限会社金田商店の見学とアドバイザー授業

有限会社金田商店では、金属類・古紙・使用済み自動車・ペットボトル・ガラスびん・発砲スチロール・廃プラスチック等、様々な種類の再生資源を年間約12,000トン取扱っています。

児童は、見学も兼ねて、しまね環境アドバイザー金田光明先生の授業を受けました。


環境アドバイザーの話を椅子に座って聞く児童 ダンボールの処理方法を聞く児童

【児童の感想】

・ごみになる前に「廃棄物」という名前だということを初めて知りました。それが「ごみ」と「資源」に分かれることがわかりました。

・リサイクルのマークがあることに驚きました。知らないマークもあって、細かく分けられているんだなあと思いました。

・磁石につくのはアルミ缶だと思っていたのに、スチール缶の方が磁石につくと分かってびっくりしました。

・家ではあまり分別をしていないから、牛乳パックなどの分別からしてみたいと思います。

・ごみ処理の合言葉「K(きちんと分別)K(きれいにして出す)Y(やさしい心)」を守って、これからは、きちんと分別をして、ごみを集めてくださる人たちに、苦労をさせるのではなく、楽をさせてあげたいです。

 

 


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp