• 背景色 
  • 文字サイズ 

松江養護学校安来分教室

 

松江養護学校安来分教室の生徒さんが、松浦造園株式会社(松江市)(外部サイト)を見学、しまね環境アドバイザーの授業を受けました。

 

◇11月15日(木)松浦造園株式会社の見学

松浦造園株式会社は、造園業に加え、その業務から出る木くずを原料として堆肥の生産をしたり、また、その堆肥を利用した有機農業を行うなど、資源の循環に取り組んでいます。

今回は、堆肥化施設、茶畑などを見学しました。


堆肥化施設からスタート!

 

〇木のチップ

木のチップの山を見る生徒の写真発酵は最大70度まで上げるそうです。と描かれたイラスト

木の手入れなどで出た、木の枝や幹を細かくしてチップにしたものを発酵させます。発酵中のチップの温度は、約50度で、湯気が出ていました。

 

〇クリーンコンポ

屋根付きの下に発酵中の土が山になっている写真

木のチップに動物性残渣を混ぜることで、更に発酵を促し、松浦造園土独自の有機肥料『クリーンコンポ』を作ります。

 

青いバスのイラストと松浦造園本社に移動と記載してある

 

〇有機農業

ウーロン茶や、紅茶、煎茶など様々な自社製品が並んでいる写真

有機肥料『クリーンコンポ』を使って、様々な種類のお茶や、野菜、柿、ブルーベリーなどを栽培しています。特別に、紅茶の試飲と、干し柿を試食しました。紅茶は、苦みがなくスッキリとした味わいで、干し柿は甘味があり、とても美味しかったです!

 

青色のバスのイラストと、お茶畑に移動と書かれている

 

〇お茶畑

お茶畑の写真 

 

 

まとめ

☆担当の方のお話☆

「きれいな環境を守ることは、自分たちの体を守ることにもつながります。また、暮らしている地域に、環境を守る仕事があるということを知っていてほしいです。」

 

担当の方のつ・ぶ・や・きPart1

 松浦造園には、お茶の葉を加工する工場もあります。お茶工場で使われている水は、松江市大庭町にある、空山の地下水を汲み上げた井戸水が使われています。「水、空気、土、栽培方法、それぞれの条件が良くないと有機のものは作れない」という担当の方の言葉がとても印象に残りました。生徒さんも、有機肥料『クリーンコンポ』を使って、農作物を作っています。有機栽培は、根をはる力が強くなり、虫がついたり、病気になっても元気に育つそうです。農作物の成長が楽しみですね。

 

◇11月16日(金)しまね環境アドバイザーの授業

しまね環境アドバイザーの常國文江先生を招き、間伐材を使ったマイ箸作りを行いました。


最初に、3R(リデュース・リユース・リサイクル)について、お話を伺いました。

教室の椅子にに座って話を聞く生徒

 

大切なのは、ごみを出さないリデュース

 

それでは、マイ箸作りスタート!

 

○材料

教室の机の上に、箸の材料のヒノキと小刀を写した写真

 

〇木を削る、紙やすりで磨く

木を削る生徒の写真 木を削る生徒の後ろ姿の写真

小刀は親指をつけて持ち、木の先端をゆっくり少しずつ削っていきます。

木を黙々と削る生徒や、「太いかな?」「削りすぎたかな?」「先生、これでいいですか?」など、確認しながら削っていく生徒がいたりと、各々が、好みの形や細さに削っていきます。

木を削ったあとは、紙やすりで滑らかになるまで磨きます。

 

〇完成

サラダ油を塗った箸を持つ生徒

紙やすりでツルツルになった箸に、ツヤを出したり、防水効果がある、”みつろう”または”サラダ油”を塗って完成です。

 

〇箸袋に入れる

箸袋に入った箸を持つ生徒 

 

 

 

まとめ

☆常國先生のお話

「箸だけに限らず、マイバック、マイボトルも使っていただいて、3Rを日々の生活に取り入れてください。」

 

☆生徒の感想

「エコで実用的な物が作れたので良かったです。」

 

☆裏側

小刀の使い方を生徒に教えた先生。実は事前に、常國先生から、小刀の使い方のレクチャーを受けていました。

小刀のレクチャーを受ける先生

 

 

担当者のつ・ぶ・や・きPart2

 常國先生をはじめ、先生方に教えてもらいながら、段々とコツをつかんで木を削っていく生徒の皆さん。太さも形も違う、世界に一つだけのマイ箸が完成しました。

 本来、捨てられる端材を活かしたマイ箸作り。生徒さんが感想を述べたように、とてもエコで実用的です。皆さんも、作ってみてはいかがでしょうか。


お問い合わせ先

環境政策課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
TEL:(0852)22-6379 FAX:(0852)25-3830
E-mail:kankyo@pref.shimane.lg.jp