• 背景色 
  • 文字サイズ 

PCB廃棄物を保管している事業者のみなさんへ

(1)PCB特別措置法に基づく届出、保管が必要です

1.毎年度6月30日までに、雲南保健所へ前年度の保管状況等について届け出てください。

 なお、変更がなくても毎年度届出が必要です。PCBイラスト

2.保管場所等に変更があった場合は、10日以内に届け出てください。

3.廃棄物処理法に定める基準に従って、適正に保管してください。

PCB廃棄物の保管について(島根県廃棄物対策課リンク)参照

▼▲届出様式等▼▲

保管等の届出
(1)保管等の届出(法第8条)
PCB廃棄物を保管している事業者は、毎年6月30日までに、前年度における保管等の状況について都道府県知事に届け出なければなりません。
(2)保管事業場に変更があった場合の届出(法施行規則第6条)
PCB廃棄物を保管をしている事業者は、保管事業場に変更があったときは、その変更のあった日から10日以内に都道府県知事に届け出なければなりません。
(3)提出先及び届出様式等
提出先:雲南保健所
提出部数:2部
添付書類:保管状況を撮影した写真及び特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を示す書類等を添付してください。
届出様式:様式をダウンロードしてください。

記載例等:下記のページを参考にしてください。

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法について(島根県廃棄物対策課リンク)

 

 

(2)日本環境安全事業(株)「JESCO」への登録をお願いします

  1. 10kg以上のトランス及びコンデンサ等については、日本環境安全事業(株)「JESCO」への登録が必要です。これらのPCB廃棄物を保管している事業者の方で、JESCOへの機器登録の手続を行っていない保管事業者の方は、至急登録手続きを行ってください。
  2. 安定器、10kg未満のトランス及びコンデンサ等、汚泥及びウエス等並びに微量PCB混入機器については、登録の対象外です。

・PCB廃棄物の処理についての詳細は、JESCOのホームページ(外部サイト)をご参照ください。

・機器登録に関しては、JESCO本社へお問い合わせください。(電話03-5765-1935)

 

(3)PCB廃棄物は期限内に処理することが義務づけられています

  1. PCB特別措置法により、PCB廃棄物は、定められた期限までに処分しなければなりません。
  2. 現在使用中のPCBを使用した機器も、期限までに廃止し処理を行う必要があります。

・島根県内で保管されている高濃度PCB廃棄物は、JESCO北九州事業所で処理を行います。

・微量PCB混入機器等については、低濃度PCB廃棄物として、民間の処理事業者に委託処理を行う必要があります。

 

 詳細は、PCB(ポリ塩化ビフェニル)廃棄物の適正処理について(島根県廃棄物対策課リンク)をご参照ください。

 

<雲南保健所管内におけるPCB廃棄物保管分の処理スケジュール>

総重量が10kg以上のトランス及びコンデンサ等の処理時期

 

高濃度PCB廃棄物処理スケジュール
処理時期 対象地域
平成30年3月31日 松江市、安来市、雲南市、八束郡、仁多郡、飯石郡、隠岐郡

 

ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法第7条に基づき、島根県では、平成20年3月、「島根県ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理計画」を策定しました。(平成27年10月改訂)

 

 

 

 


お問い合わせ先

雲南保健所

〒699-1396 島根県雲南市木次町里方531-1
電話 0854-42-9623(代表)
FAX 0854-42-9654
unnan-hc@pref.shimane.lg.jp