• 背景色 
  • 文字サイズ 

島根県立美術館

開館20周年記念北斎ー永田コレクションの全貌公開<序章>

開催期間:【前期】2月8日(金)~3月4日(月)
 【後期】3月6日(水)~3月25日(月)

2,000件を超える世界屈指の「北斎」コレクションが島根へ寄贈

全貌公開に向けた<序章>はじまる

開館20周年記念北斎ー永田コレクションの全貌公開<序章>(外部サイト)

 

島根県立古代出雲歴史博物館

企画隠岐の祭礼と芸能

開催期間:12月21日(金)~2019年2月18日(月)

隠岐の祭礼と芸能の魅力をあますことなくご紹介します。

企画隠岐の祭礼と芸能(外部サイト)

 

島根県立八雲立つ風土記の丘

一支国と海の王都原の辻展~魏志倭人伝に記された世界~

開催期間:12月22日(土)~2019年3月10日(日)

九州本土と朝鮮半島の間に浮かび、古代より朝鮮半島や日本本土との交流拠点であった壱岐島。「魏志」倭人伝にも記された一支国について紹介します。

一支国と海の王都原の辻展~魏志倭人伝に記された世界~(外部サイト)

 

宍道湖自然館ゴビウス

常設展示

汽水をメインテーマにした体験学習型水族館で、島根県の川や宍道湖・中海に生息する生きもの約200種類1万点を展示しています。

 

第40回特別展「松江お堀の生きものー環境修復の取り組みー」

開催期間:11月14日(水)~2019年1月21日(月)

国宝松江城を囲むお堀は「松江堀川」とも呼ばれ、宍道湖とつながっている全国でも珍しい汽水のお堀です。淡水と海水の生きものが入り混じってくらす特殊な水域なのです。
今回の特別展では、ホシザキグリーン財団の環境修復事業の取り組みを通してお堀に生息する生きものの現状と自然環境について紹介しています。

第40回特別展「松江城お堀の生きものー環境修復の取り組みー」(外部サイト)

 

出雲弥生の森博物館

ミニ企画展「出雲を掘る第7話『小山遺跡ー発見から70年ー』」

開催期間:11月17日(土)~2019年2月4日(月)

小山遺跡は市内小山町にある遺跡で、出雲平野の中央に位置します。この遺跡の存在が指摘されたのは70年前のことです。その後、出雲市や島根大学による発掘調査が8回にわたって行われました。
発掘調査の成果を通して、小山遺跡一帯(「おやま」ムラ)に住んでいた人びとの暮らしぶりを明らかにします。

 

ギャラリー展「はかりの歴史ー世界とつながる島根のおもりー」

開催期間:12月5日(水)~2019年2月25日(月)

世界や県内のおもりを通して「はかりの歴史」をたどります。

 

速報展「石に願いをー出雲大社境内遺跡の調査からー」

開催期間:11月14日(水)~2019年2月4日(月)

2016・2017(平成28・29)年度に実施した、出雲大社境内遺跡の発掘調査成果について取上げます。

 

島根県立三瓶自然館サヒメル

冬期企画自然を楽しむ科学の眼

開催期間:12月22日(土)~2019年2月3日(日)

生物がみせるユニークな表情や一瞬の動き、地形と光がおりなす奇跡的な景観など、自然をとらえた写真作品の数々を一堂に展示します。
写真ファンはもちろん、お子さまにもお楽しみいただける写真展です。

冬期企画自然を楽しむ科学の眼(外部サイト)

 

三瓶小豆原埋没林公園

石見銀山世界遺産センター

しまね海洋館アクアス

「PenguinX(テン)」~ありがとう、ペンギン館10周年~

開催期間:11月3日(土・祝)~2019年1月14日(月・祝)

ペンギン館がOPENしてからの10年間で起こった出来事や、ペンギンの繁殖の工夫、健康に飼育するための努力など、普段、見ているだけではわからない、ペンギン館の裏側をご紹介します。

「PenguinX(テン)」~ありがとう、ペンギン館10周年~(外部サイト)

 

島根県立石見美術館(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

追悼水木しげゲゲゲの人生展

開催期間:12月1日(土)~2019年1月28日(月)

水木プロダクションの全面的な協力のもと、人間・水木しげるが遺したものを徹底的に振り返ります。少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代からの貴重な漫画や妖怪画の原稿など、卓越した画力とメッセージ性がうかがえる作品の数々に加え、エッセイ原稿や妖怪・精霊像コレクション、私物など合計約390点を展示します。

追悼水木しげゲゲゲの人生展(外部サイト)

 

しまね花の郷

松江城

松江歴史館

<特別展>細川護美の世~薬師寺奉納障壁画と茶陶

開催期間:12月7日(金)~2019年1月14日(月・祝)

元首相の細川護熙氏は、2012年秋に奈良・薬師寺の「慈恩殿」の障壁画制作の依頼を受け、約7年をかけて全66面(108枚)を描きあげました。
2019年春に慈恩殿に奉納されるのを前に、本展示にて障壁画の一部をお披露目します。あわせて、細川氏の美意識が作りだす茶陶の逸品を展示します。

<特別展>細川護熙美の世界~薬師寺奉納障壁画と茶陶(外部サイト)

 

和鋼博物館

安来市加納美術館

木材工芸作家細田育宏+染色作家細田和愛しき島根

開催期間:1月11日(金)~4月8日(月)

木材工芸作家細田育宏(やすひろ)・染色作家細田和子(出雲市馬木町出身)夫妻の「仕事」を紹介します。

二人の作品に通ずるふるさと島根への思いが伝わる展覧会です。

木材工芸作家細田育宏+染色作家細田和愛しき島根(外部サイト)

 

足立美術館

冬季特別生誕135孤高の画橋本関雪

開催期間:12月1日(土)~2019年2月28日(木)

関雪の生誕135年を記念し、当館が所蔵する関雪作品を一挙に公開いたします。高い技術と深い教養のもとで生み出された関雪の作品をご覧ください。

冬季特別生誕135年孤高の画家橋本関雪(外部サイト)

 

田部美術館

モニュメントミュージアム来待ストーン

出雲玉作資料館

安部榮四郎記念館

出雲かんべの里

奥出雲たたらと刀剣館

鍛練実演

毎月第2日曜日・第4土曜日10時〜11時半・13時〜14時半

定期的に日本刀鍛練実演を公開しています。奥出雲町在住の島根県伝統工芸士小林三兄弟による見事な実演をご覧下さい。

 

出雲文化伝承館

新春企画展「私のコレクション出雲・石見の国物美術工芸の逸品」

開催期間:1月12日(土)~2月24日(日)

出雲地方で大切に伝えられ、また愛好家が収集した郷土ゆかりの美術工芸の逸品を紹介します。

新春企画展「私のコレクション出雲・石見の国物美術工芸の逸品」(外部サイト)

 

平田本陣記念館

開館30周年平田本陣展ー館蔵品を中心にー

開催期間:11月3日(土・祝)~2019年1月20日(土)

当館は、松江藩の本陣宿を営んだ木佐家の建物を移築復元し、平成元年に開館いたしました。
松平藩歴代藩主の軸物をはじめ、江戸時代から幕末の動乱期を経て、今に伝わる作品の中には、歴史を物語る貴重な資料や、木佐家を訪れた文人墨客の様々な書画も残されています。
これらの名品の数々を一堂に紹介します。

開館30周年平田本陣展ー館蔵品を中心にー(外部サイト)

 

出雲民藝館

手錢記念館

荒神谷博物館

仁摩サンドミュージアム

浜田市世界こども美術館

廃材アート展

開催期間:10月13日(土)~2019年1月14日(月)

普通は廃棄されてしまう廃材を使って作られた美術作品を紹介することで、廃材アートの可能性にスポットをあてる展覧会を開催します。

本展は、ダンボール、金属廃品、古着の3つの素材に着想した3名の造形作家による“ワクワクがつまった創造の世界”へと皆さんをいざないます。ダンボールの海に眠る巨大生物に、空き缶や家電製品などで作り上げた恐竜のオブジェ。古着を再生し表現した巨大イカの作品など、じっくり作品と向き合うと身近な素材で構成されていることに気づき驚くことでしょう。

廃材アート展(外部サイト)

 

浜田市浜田郷土資料館

石正美術館

2018年度「石本正作品選4」

開催期間:1月2日(水)~3月17日(日)

膨大な数の石本作品の中から選び抜かれた名作を年4回に分けて入れ替えながらご紹介します。

2018年度「石本正作品選4」(外部サイト)

 

石本正・心の眼2~私を感動させた日本画~

開催期間:1月2日(水)~3月17日(日)

「絵は心である」という、石本が生涯の画業において大切にし続けた信念の下に蒐集した、心ある素晴らしい作品の数々をご紹介します。

石本正・心の眼2~私を感動させた日本画~外部サイト)

 

今井美術館

名品展2018

開催期間:10月26日(金)~2019年1月14日(月・祝)

再興院展出品作をはじめ、春の院展出品作などを中心に26点を展示しています。日本美術院の個性あふれる画家たちの作品を通し、新しい日本画の開拓に挑む画家たちの軌跡をご覧ください。

名品展2018(外部サイト)

 

瑞穂ハンザケ自然館

津和野日本遺産センター

安野光雅美術館

温泉津やきものの里

絲原記念館

奥出雲多根自然博物館

島根県などのミュージアムについてもっと知りたい方はこちら


お問い合わせ先

広島事務所

■■ 島根県広島事務所 ■■
 〒730-0032 広島県広島市中区立町1-23(ごうぎん広島ビル6F)
 TEL:082-541-2410  FAX:082-541-2412 
 E-mail:hiroshima-ofc★pref.shimane.lg.jp
(メールアドレス中の★を@に変えてください)