• 背景色 
  • 文字サイズ 

学校給食に県産水産物を提供しました

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、島根県の水産業は、魚の値段が下がったり、消費が落ち込むなどの影響を受けました。そのため、県内で水揚された水産物を学校給食に提供して、島根県の魚の良さを知ってもらい、消費の拡大につなげようという取組を行っています。

【取組状況】

 要望のあった小中学校等の学校給食に、県産水産物と食育教材を無償提供しました。

 対象:県内の希望小中学校等:240校

 提供食数:約10万食

 提供食材:ブリ、マアジ、カレイ、ニギス、アナゴ、シジミ

 

 ○水産事務所による出前講座

水産事務所による出前講座の様子

 

 ○島根県産ブリを照り焼きとして提供

島根県産ブリを照り焼きとして提供

〈児童・生徒からの声〉

 ・とてもおいしかった。魚がもっと売れるようになってほしい。

 ・骨付きの魚(マアジ)の食べ方を教えてもらい、きれいに食べられるようになった。

〈学校からの声〉

 ・高価なため普段は給食に利用しにくいアナゴを贅沢に使うことができ、子ども達も喜んで食べてくれた。

 ・今後も県産水産物を積極的に使いたい。

 

 ○食材提供した学校に配布したパンフレット

 しまねの水産(パンフレット)

しまねの水産パンフレット

 

 


お問い合わせ先

沿岸漁業振興課

〒690-8501 島根県松江市殿町1番地
島根県農林水産部沿岸漁業振興課
電話:0852-22-5314
E-mail:engan_gyogyo@pref.shimane.lg.jp