• 背景色 
  • 文字サイズ 

9月のおすすめ料ヒラマサ

ヒラマサ写真

 ヒラマサはブリの仲間で、一見ブリと見間違えるほど姿が似ていますが、口元の形や身体の丸みなどで見分けることが出来ます。また、ブリは冬が旬なのに対しヒラマサは夏が旬である他、ブリに比べ歯ごたえもあり高級魚とされています。

 島根県では、定置網や釣り、シイラ漬け漁などで漁獲されており、レジャーの釣りでも人気の魚種となっています。

 今回は、お手軽に作れる「ゴマ和え」をご紹介します。


ヒラマサのゴマ和え

ゴマ和え

<材料>

  • ヒラマサ刺身150g
  • 大葉5枚
  • 煎りゴマ大さじ1杯
  • 練りゴマ大さじ1杯
  • しょうゆ大さじ1杯
  • 酢大さじ1杯
  • 砂糖小さじ1杯

<作り方>

  • 1.ヒラマサを3枚に捌き、細切りの刺身にする。
  • 2.調味料(煎りゴマ、練りゴマ、しょうゆ、酢、砂糖)を混ぜる。
  • 3.ヒラマサ、調味料、千切りにした大葉を絡めたら完成。


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp