• 背景色 
  • 文字サイズ 

「しまね定置もん」の調査を実施しています

島根県沿岸の多伎、湖陵、塩津、御津、馬島、多古、野井、笠浦では、定置網の漁獲物を鮮度の高い状態で出荷する取り組みが行なわれています。具体的には、漁獲直後から出荷まで殺菌冷海水を用いて鮮度保持と衛生管理を確実に行なったものについて、「しまね定置もん」として認証し出荷されています。松江水産事務所では、JFしまね、島根県水産課と共に、漁獲物が適切な方法で取り扱われているかについて定期的に調査を実施しています。

網揚げ作業漁場風景

平成19年6月20日に、多伎の定置網漁船に早朝4時に乗船し、管理工程について40項目のチェックを行ないました。漁業者の方は殺菌冷海水を用いて手馴れた様子で手際よく作業されており、「しまね定置もん」の認証基準も達成されていることが確認できました。ぜひ多くの人に新鮮な「しまね定置もん」を食べていただき、島根の魚のおいしさを知ってもらいたいと思います。

荷さばき作業風景定置もん魚箱

 


お問い合わせ先

松江水産事務所

TEL 入札、契約、漁港等の占用手続きに関すること 総務課 0852-32-5695,5696
    漁業の相談、漁船等の登録に関すること    水産課 0852-32-5700,5701
    漁港等の整備、工事に関すること       漁港課 0852-32-5705,5706
FAX 0852-32-5711
e-mail matsuesuisan@pref.shimane.lg.jp